ぬるくてかったるいこと~人を育てるということ
先週に引き続き、今週もセミナーに赴き、リフレクションすべきことが山ほどあります。

HRプロが主催する「HR戦略総合セミナー」2日目の基調講演をされた東京大学の中原先生の「職場における人材育成研究のフロンティア」というお話は、とても題名にはとどまらない様々なコンテンツを提供いただきました。これは、必ず近日中に整理します。それにしても、中原先生の整理をされる力はすごい。当日は機材トラブルで開始時刻が遅れ、少々あわてつつの進行であったと伺いましたが、まったくそんなそぶりは感じませんでしたしね。

今日はすでにかなり酔っ払っているので、一言だけ、残しておきます。仕事を任せることで人は成長するというお話をしたあとでのフレーズです。

「ぬるくてかったるいことでも効果が出るんです」

そう、忙しい現場では、きちんと仕事の意味を説明しましょう、しっかりとメンバーの話を聞きましょうなんていっているだけでは、それは「ぬるくてかったるい」ことそのものです。でも、それが効果を出す…。この思いを人材育成担当者は持ち続けないとなりませんし、そうでなければ自分も続きません。ぬるくてかったるいのが人材育成だと、開き直るくらいがいいかもしれません。でも、その果てに成果を導くのが、プロの人材育成担当者である我々の役割です。


《2011年6月3日》 今日はテンプスタッフの担当営業の方の送別会。ゼロ席から35席まで短期間に持っていき、その過程で派遣デスクも導入いただいた、その成果に敬服するとともに、私たちの事業に支援いただいたことに対して感謝に堪えません。担当は変わっても、仮にテンプスタッフを辞められても、この感謝は変わりませんし、今後もずっと関係は続けたいと思います。派遣会社は「業者」ではありません、「パートナー」です。そんな思いでこれからも期待をさせていただきます。



ビジネスブログ100選
blogram投票ボタン  
↑ブログランキングというのに参加してます。よろしければクリックして一票投票を
関連記事
スポンサーサイト
【2011/06/03 23:58】 | HRM全般 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<震災から立ち上がる日本~リーダーシップについて考える | ホーム | 有事のリーダーシップ、トップにしかできないこと>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://jqut.blog98.fc2.com/tb.php/1267-869db12b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |