FC2ブログ
5000万人ユーザー獲得までの年数
一昨日お会いした方からいただいた情報です。

5000万人のユーザーを獲得までの年数の比較だそうです。

ラジオ→38年
テレビ→13年
インターネット→4年
iPod→3年
Facebook→1年足らずで2億人

うーん、ですね。Facebookの浸透度の早さ、日本はちょっと取り残されていますね。私もなかなか使いこなせませんし、実名でどこまで使いこなすべきなのかの判断がなかなかつきません。日本人の多くがそうでしょう。でも、着実に広がりつつあるのも間違いありません。2013年新卒採用では、ほとんどの企業がFacebook上にページを持つでしょうね。そういったことが起こると、利用者数は爆発的に増えるんでしょうか。

話は変わりますが、今年も慶應義塾大学商学部の講座「社会との対話」の中でのインターンシップを2名受けます。派遣が確定した2名の学生が挨拶に昨日、来社してくれました。2人ともすごくいい感じの学生で、インターンシップの開始が楽しみです。慶應義塾大学からは湘南藤沢キャンパスの学生も受けます。採用活動ではないインターンシップも少しずつ拡大させていますが、受け入れる側にも大きな学びがあります。今年は関西でも2大学から受け入れます。また、逆に都内のある大学のキャリアゼミを会社で担当させていただきます。これはメンバーが持ってきてくれた仕事です。だんだん皆、頼もしくなってきています。

《2011年6月30日》 メンバー2名が社宅制度に取り組んでいます。社宅はジャブジャブお金を使いたい場合を除いては、なかなか難しい制度です。不思議と覚えているのですが、亡くなったおじが以前に人事部長をしていた時に社宅制度を廃止したことを話してくれました。当時は反対した人達も、結果的には早期に財産形成ができて感謝されたとのこと。でもそれも、不動産の価格が上がり続けていた時代の話だからかもしれません。


ビジネスブログ100選
blogram投票ボタン  
↑ブログランキングというのに参加してます。よろしければクリックして一票投票を
関連記事
スポンサーサイト



【2011/06/30 23:56】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<「いい奴」と「素直な奴」 | ホーム | 第18回日本産業精神保健学会>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://jqut.blog98.fc2.com/tb.php/1294-41ab8a35
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |