FC2ブログ
ちょっとしたこだわり
昨日のデジタル・ストーリーテリング・ワークショップ「キャリアの風景」の中で出た話の1つ、「ちょっとしたこだわり」。

誰しも「ちょっとしたこだわり」ってありますよね。私も結構、多くて困ってます(?)。でも、この「ちょっとしたこだわり」というのは、その人の考え方が意外と推察できて面白いです。

で、私の「ちょっとしたこだわり」からいくつかを。

①定期券は買わない

会社からは通勤費が支給されますが、基本的に定期券は買わない生活を続けています。首都圏は鉄道網が網の目状に発達しているので、誰しもが通勤ルートを複数持つことができます。震災直後はいろいろな通勤ルートを考えましたよね。毎朝、行く会社は変えれませんが、通勤ルートくらいその日の朝の気分で決めたいじゃないですか。定期券はそれを邪魔します。以前の会社では、むかしむかしは何と定期券の現物支給というのをやってました。それがなくなり通勤費支給になってからは、定期券を買うのはやめました。実は買うのが面倒だということもあります。なくすのが怖いというのもあります。そもそも通勤定期の値引き率ってあまり魅力的なものではないですしね。回数券でコストダウンを図っている人も聞きますが、これは絶対に途中でなくすので私のとってはコスト高になるため、これもやっていません。パスモは何度かなくしましたから。ちなみに中原先生も定期券は買わないそうです。

②止まっているタクシーはひろわない

よく交差点の角なんかでアリ地獄のようにお客を待っているタクシーっていますが、そういうのは極力、ひろわないようにしています。もちろんタクシー乗り場の場合はokです。で、どうするかというと流してるタクシーをひろいます。何となく止まって客を待つという発想が許せないですし、そういう人の車に乗ると自分自身が持っている良い流れさえも止められてしまいそうな感じがします。けれんみもなく流しながらお客様を探している運転手の方がよっぽど素敵です。これも前の会社の話ですが、一時期(といっても10年くらい続いてかな)はほぼ毎日深夜残業でタクシー帰りという生活でした。飲み会があっても必ず会社に戻って、残業していましたから、なかなかなものです。で、そんな社員がたくさんいるのを知っていますから、その会社の前にはタクシーが蟻地獄のように2時になっても3時になってもはっていたりします。例えば2時過ぎに会社から出ると、目の前にタクシーたちがいるのですが、そいつらには絶対に乗らず、大通りまで歩いて流している車を待ちます。そんな時間に流しているタクシーは非常に少なく、下手をすると10分も20分も乗れないのですが、それでも我慢します。そんな私をみて、遠くで蟻地獄をしていたタクシーが無礼にもするするっと私の前にいいよってくることがありますが、そうするとタクシーなんか探してないよ、って顔して歩きだします。そんな意味のないことを深夜にやっているくらい、止まっているタクシーを拾うのは嫌です。

③書籍に書き込みはしない

私はたぶん読書よりも本が好きなんだと思います。本は読むために買っているというよりも、集めるために買っているのかもしれません。読むよりも買って満足してしまったりします。特にSFものはそうで、日本でもそこそこのレベルの蔵書になっていると思います。ということで、本にマーカーをひいたり、ページの角を折ったりするという行為は、本に対する冒涜なのです。でどうするかというと、ポストイットが活躍します。大きめのポストイットを用いて、それにメモをして該当ページに挟み込みます。でも、あとで気になったフレーズなんかを探すとき、やっぱりマーカーとか引いていると楽だな、なんて感じることもあるのですが、そこはやせ我慢をしています。
昔はどんなにつまらない本でも売ったり捨てたりすることができなかったのですが、最近ではさすがにスペース的な問題もあり、ブックオフに売りにいくことができるようになりました。これは自分としてはものすごい進歩というか、何というか、です。

まだまだ「ちょっとしたこだわり」、あれこれとあります。
これ書いてて自分が面白いので、いずれ第2回をやりますね。

「ちょっとしたこだわり」ワークショップなんかをやっても面白いように感じます。

《2011年7月3日》 「スーパー・エイト」みました。今年は結構、本数みてます。


ビジネスブログ100選
blogram投票ボタン  
↑ブログランキングというのに参加してます。よろしければクリックして一票投票を










関連記事
スポンサーサイト



【2011/07/03 23:45】 | キャリア~全般 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<目的とおりに手段を使っているかが | ホーム | デジタル・ストーリーテリング・ワークショップ>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://jqut.blog98.fc2.com/tb.php/1298-fa30b720
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |