人事の人が仲のいい7つの理由
人事同士の勉強会とか、飲み会とかにいくと、よく「人事の人達って、どうしてこんなに会社を超えて仲がいいんですかね」とか、「人事の人達って、どうして外に出るのが好きなんですかね」とか聞かれることがあります。

理由はいくつかあると思います。まだまだ綺麗に整理ができていないのですが、とりあえず思いついた7つを書いてみます。

①自社内に立場が同じ話し相手がいない

典型的なのは人事部長ですが、これは会社に1人です。営業部長であれば、地域ごとにいるので、同じ立場で話せますが、管理部門では中央集権化・シェアード化が進んでしまったため、人事の場合は本社にいる自分たちと同じ立場の人が社内にいないという会社が大半ではないでしょうか。でも、外に出れば「人事部長」はそれこそ五万といます。

②業界内のネットワークがある

だいたいどこの業界でも人事労務担当者のネットワークはあります。そもそも春闘なる風習がまだ残っているわけで、組合側も業界で群れますが、会社側も負けじと業界で群れるわけです。これら業界のネットワークに自然に入り込んだ人は、他社と腹を割って話し合うのは当たり前と感じます。

③ネットワーク型の研修が多々ある

Learning Bar以前にも、単発ではなく10回程度のシリーズ物の人事担当者向け講座というのは、数多くありました。私が人事担当者として自覚をもった「経営アカデミー」もそうですが、必ず合宿が組み込まれており、飲み会があり、グループ研究があります。そりゃ仲良くなります。また、人事担当者というのは、この手の外部講座にかなり社内では優先的に行かせてもらっているのではないでしょうか。なお、近年では、個人参加型のこの手のものも増えており、こちらは自腹で志ある人が参加しています。

④他社事例が貴重

誰でも人事案件には口をはさめますが、経営者は専門家ではないため、最終決断の場面では判断が鈍ります。そこで出てくるキラー・ワードは「で、他社はどうしているの?」、もしくは同業界の企業名をあげて「○○社はどうしているの?」って奴です。これに効率的に回答するためには、電話やメールですぐに情報をくれる他社のお友達をたくさん持つことが必要です。志の低いベンダーや雑誌は、他社事例だけでコンテンツをつくっちゃいますが、それが売れるという現実が何よりもこれを物語っています。

⑤勉強が好き

やっぱりこの傾向ってあると思います。

⑥お酒が好き

とってもこの傾向ってあると思います。でも、飲めなくてもokですよ。

⑦機会が増えた

ここ数年さらにこういった機会が増えました。ある意味、「Learning Bar効果」といっていいでしょう。
実は、一昔前は外を出歩いていた人事パーソンは、役職者が中心であり、また大手企業の人が中心でした。それが今では、会社とは関係なく個人の立場で、いくらでも外に出て交流をし、情報交換ができる機会が満ち溢れています。新入社員であっても、中小企業に属していても、志しさえあればこのネットワークに入れます。あまりに機会が増え、満ち溢れている機会の1割もいけないのが現状です。また、ソーシャル・メディアがこれをいい意味で助長してくれます。社外で同じ志を持つ人ととてもつながりやすい世界が開けたのです。

また、人事という職種も同職種内転職が頻繁にある職種です。その意味では、社内ローテーションで異なる職種につくのではなく、転職により他社の同職種につくという選択をすることが一般的な職種です。こうなってくると、人事界全体が1つの会社のような感じすらします。

でも、こういった時代の潮流に乗らない人もいます。
もちろんそれは自由です。あれこれと出歩いていると、同じ人に違う場所で出くわすことが多くなります。そう、ネットワークに頻繁に出てくる人と、めったに出てこない人、絶対に出てこない人がいるのです。もちろんどれがいいということはありません。ただ、人事の世界では、ネットワークが一昔前よりも非常に活性化しているために、出てくる人と、出てこない人のコントラストがかなりはっきりしてくるように感じます。

繰り返しになりますが、どちらがいいということではありません。外に行きゃいいのかというと、絶対にそんなことはありません。足元の仕事をきちんとできずに、外でふらついているのは堕落でしかありません。ただ、「どちらが楽しいか」という観点でいえば、間違いなく、ネットワークに出ていった方が楽しいです。その楽しみを味わっていない方、まだまだ人事の仕事の醍醐味の半分を経験できていないともいえます。忙しくてヘロヘロでも、無理して外に出てみると元気になることもあります。


《2011年7月12日》 にっぽんお好み焼き協会の理事会。佐竹会長が示された遠大な計画に感動。炊き出しばかりが、私たちの支援ではない。戦後の日本でお好み焼きが果たした役割を東北地方で少しでも果たすことができれば、それは凄いことだと思います。


ビジネスブログ100選
blogram投票ボタン  
↑ブログランキングというのに参加してます。よろしければクリックして一票投票を





関連記事
スポンサーサイト
【2011/07/12 22:01】 | HRM全般 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<共通項を探す | ホーム | 越境飲酒>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://jqut.blog98.fc2.com/tb.php/1307-fc2ae30f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |