FC2ブログ
gcdf ロープレ振り返りシートの「正解」
キャリアカウンセラーの資格gcdf、現在講座受講中の皆様の第8回にお邪魔して、クライアント役をつとめました。年に3回くらいやっていますが、キャリアカウンセラーを目指す皆さんのクラスにお邪魔してロープレ役をするわけです。リアルな相談者としてカウンセラーに相談させていただき、面談の中で感じたことを言葉に忠実にフィードバックしていきます。ただし、当然ですが相談内容はフィクションです。毎回3~4つくらいの相談ネタが必要です。

面談が終わったら、まず振り返りシートをつけます。ローブレ全体についていくつかの設問に対して点数をつけるのですが、その結果をgcdf役⇒オブザーバー役⇒クライアント役(自分)の順番にフィードバックしあいます。その上で、チーム全体で振り返りミーティングを行います。

キャリアの世界に正解はありません。カウンセリングにも正解というものはないでしょう。私たちは、そんな正解がないということに慣れきっています。

でも、ロープレを終わった後に作成する振り返りシートをつける際に、橋本先生から「この採点には正解があります」のいった一言が。

えっ?なのですが、話をきいてなるほどなるほどです。

ロープレの中でクライアントは話したいことを話せていたでしょうか。ロープレの中でクライアントはgcdfに自分のいいたいことを受け止めてもらっているという気持ちでいたでしょうか。ロープレの時間が終わったときにクライアントはもっと面談を続けたいと思っていたでしょうか。ロープレの中でクライアントの話は具体的になっていったでしょうか、……………。

こういった振り返りシートの設問に対して、クライアント役がどう回答したか。

クライアント役がつける採点には正解はありません。しかし、gcdf役とオブザーバー役がつける採点には正解があるのです。私たちはクライアントをしっかりと観察し、クライアントをしっかりと理解する必要があります。クライアント役がつけた採点はクライアント役がその面談でどう感じたかの結果です。ですから、gcdf役とオブザーバー役にとっては、クライアント役がつけた採点が「正解」そのものなのです。gcdfとオブザーバーは、クライアントがどう感じたのかを正しく理解しなくてはいけません。

いわれてみると当たり前ですが、なるほどですね。

《本日の橋本先生語録から2つ》

メンバー同士でロープレをやっているときに、話の内容を聞かなくても前でみていると、ペアのどっちがgcdf役なのかがひと目でわかる。面談を苦しそうにやっているがgcdf役だよ。

「おしゃもじコンプレックス」に陥る人が多い。何でも「すくい」たがる。

《2011年8月13日》 久しぶりにきちんと家、飲み。ビール⇒ワイン⇒マッコリ⇒………。


ビジネスブログ100選
blogram投票ボタン  
↑ブログランキングというのに参加してます。よろしければクリックして一票投票を
関連記事
スポンサーサイト



【2011/08/13 23:25】 | キャリア~全般 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<採用したい人材像の大いなる勘違い | ホーム | 24時間戦えますか?>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://jqut.blog98.fc2.com/tb.php/1341-ca83f543
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |