内定者行事、野外企画
来年4月に入社予定の新卒内定者を初めて集める会でした。

例年よりは2カ月少々遅い時期です。震災の影響で2カ月以上、採用活動を停止していたことによります。また、人数的にも例年よりもやや少なめです。採用時期を遅らせたことにより、母集団が流失したことによりますが、人数確保の採用は意味がありませんので、こんな結果になりました。でも、今日のワークなどをみて、なかなか面白い人材が採用できたのではないかと感じています。

立場上、冒頭に話をします。

今回、話したのは下記のようなテーマです。

「3月11日」「パナソニック」「グーグル」「ツイッター」「フェイスブック」「決断と判断の違い」「9時から18時まで大学の講義を聴いたことが何回あるか」「こんなはずじゃなかった」「こんなはずのわけがない」「内定時期の2つの意味」「同期力」「好奇心」「文房具としてのPC」「自分で考える」「頼りになる人はいますか」「体調」「好きということ」

こうやって並べるといったいどんな話なんでしょうね。

で、今日の会は例年とはだいぶ違う立て付けになりました。

企画にあたって私が担当につぶやいた要件はおおよそ以下の感じです。

□何か新しい感じのがいいなぁ。いっつもと違う感じ。去年をベースに考えるんじゃ駄目だよね。
□内定者の素が出るようなのがいいなぁ。同期力が自然と生まれるようなのがいいなぁ。
□人事もコスト削減しなきゃね。効率的な予算配分をしたいもんねぇ。

例年は、会社近くの会議室を借りて、ほぼ終日ワーク等をした上で、夕方からはそれなりのレストランで懇親会というパターンでした。内容的にはなかなか良いのですが、会議室代などが馬鹿になりません。

で、今回の場所は「葛西臨海公園」。

そしてバーベキュー。雨が降ったらどうなるんだという話もありますが、ターフを借りてやるのもいいでしょうというのりで。ただし、ワークをすべて外でやるわけにもいかないので、公園内にある江戸川シーサイトホテルの会議室を借りて実施。さすが江戸川区立、価格はなかなかお安いです。企画が企画なので、リクルートスーツは禁止、最低限のドレスコードは示した上で、服装は自由。内定者の私服の姿は初めてみるので、イメージが変わる内定者もありますが、より個性がわかりやすく伝わります。

バーベキューもただ普通に焼いて食べるのではなく、チーム毎に調理を競います。あれこれとそこに仕掛けがあり、最後に表彰があります。それらを夕暮れのバーベキュー広場で飲みながら進めます。

担当者の創意工夫に拍手です。

《2011年8月24日》 並行してあれこれが起こりますが、雑にならないように、雑にならないように、と自分に言い聞かせなければなりません。


ビジネスブログ100選
blogram投票ボタン  
↑ブログランキングというのに参加してます。よろしければクリックして一票投票を



関連記事
スポンサーサイト
【2011/08/24 23:23】 | キャリア~学生・就職・採用 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<メモ: 「自分の中に毒を持て」岡本太郎著 | ホーム | 人形町の夕餉>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://jqut.blog98.fc2.com/tb.php/1352-cbc4e8d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |