諸冨先生の「心の科学」
明治大学の諸冨先生とは、慶應義塾大学丸の内シティキャンパスのキャリアアドバイザー養成講座で1日ご一緒させていただいたのと、夕学五十講でお話を伺っただけですが、著書は数冊拝読させていただいています(テレビでも拝見することがあります。ハンマープライスにも実は出ておられたようです)。何といってもインパクトのある方です。

キャリア・コンサルティング協議会のメルマガに諸冨先生が4回の連載をされていました。

諸冨先生は、明治大学で構成的エンカウンターグループを使ったアサーショントレーニングや傾聴の練習など、人間関係のトレーニングをされているそうです。そんなグループワークでは、男子、女子同士が分かれて固まってしまいがちだといいます。特に中高一貫の男子校出身者はその傾向が強いと。さすが諸冨先生なのでずか、気になったので学生にアンケートをしてみたそうですが、共学の出身者は4割に恋人がいるのに、男子高出身者はわずか9%しかいない事実がわかったとのこと。中高時代に異性に接したかどうかの影響は、実はその後の生活に大きいようです。

一昔前は「就職活動は恋愛と一緒だ」「就職は結婚のようなものだ」といった比喩が使われたこともありました。しかし、既に恋愛経験率がここまで下がった現状では、比喩になりませんね。

いうまでもありませんが、キャリアは仕事だけではなく、人生には職業生活と私生活の両面があります。私生活では結婚したいと思うのに、うまく異性と話せないと、結婚できない男性が増えることになります。現に世の中、そうなっていたりします。

で、諸冨先生の「心の科学」という授業です。

正面から、結婚生活育成プログラム、略して「婚育」を実施しているとのこと。

内容的には、傾聴トレーニング、相手のいい所を認めて褒める練習、自分の弱点をさらけ出すアサーショントレーニング、などを通じてコミュニケーション能力を高めていくそうです。
さらには、合コンで相手のいい所を見つけるためにオーラを見抜く練習、最高のデートプランの立て方、告白の仕方の練習まであるそうです。

これらのトレーニングは間違いなく、恋愛に活きるでしょう。
そしてその延長上としてきっと職業生活にも活きることと思います。

《2011年9月1日》 9月だ。ここのところ仕事にスピードが乗らなかったのですが、夕方から少し上向き具合。今日もいろいろなことが起こりました。


ビジネスブログ100選
blogram投票ボタン  
↑ブログランキングというのに参加してます。よろしければクリックして一票投票を

関連記事
スポンサーサイト
【2011/09/01 23:22】 | キャリア~全般 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<いにしえのMAC人生 | ホーム | プレスリリース:真のナポリピッツァ秋の企画>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://jqut.blog98.fc2.com/tb.php/1359-e17476fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |