FC2ブログ
いにしえのMAC人生
先週土曜日に慶應義塾大学でソーシャルメディア系の学生向けワークショップに出たのですが、ほとんどの学生がノートPCを持ち込んでおり、MAC比率が半分以上はあったのではないかと思います。オフィスではまだまだですが、MAC復権は思ったより進んでいますね。

私はもともとはMACユーザーでした。
まだ、ワープロ専用機しか持っていなかった頃、会社からイギリス・アメリカに計3カ月短期留学に派遣していただく機会がありました(自分で制度を作って、たまたまですが、自分が第一陣で行きました)。同じクラスにいた日本人が、MACのノート(POWER BOOK)を持っており、うらやましいやら、かっこいいやら、そんな思いでした。で、日本に帰ってしばらく、MAC関係の月刊誌を読みふけり、清水の舞台から飛び降りるような気持ちで購入したのが、POWER BOOK180Cでした。MAC BOOKで初めてTFT液晶をのっけたノートとしては最上位マシンで、軽自動車と同じくらいの価格がしたと思います。重さも結構でしたけど。

で、当時の人事部のIT化を進めるために、会社にもMACのデスクトップを入れました(会社の奴は機種を忘れました)。そして自宅にも2台目のデスクトップとして、QUADRA650を購入しました。かなりソフトも購入していたので、この頃、MACにいくら投資していたのでしょうか。

でも、ようやく会社が全社ネットワークを構築し、1人1台PCを持たせようということになり、当然のようにMACは選択されませんでした。NECです。しかたがないので、自宅にもNECの98NOTEを購入。そうして私のMAC人生はフェイド・アウトしていきます。その後、1台だけ富士通のFMVをはさんで、ずーっとVAIOです。もともとSONYとHONDAは大好きなので、今はVAIOが家族分を入れて今も5台あります。ちなみに自動車は4台続けてHONDAです(三菱・日産・トヨタも昔は乗ったのですが)。

長男がアメリカへの1年間の留学を終えて帰国していますが、MACを持ち帰りました。中原先生もいつも嬉しそうにMACをいじくっています。7月に参加した大磯さんのワークショップではMACを使用しました。丸の内の怪しい人たちの中でもMACシェアが高まっています。

こうやって、心の外堀を埋めています。

《2011年9月2日》 多くのつけ麺やが並盛と大盛を同価格にする戦略をとっており、多くのラーメン屋がランチは小ごはんがサービスでつく戦略をとっていることにより、最近、少し太ったような気がします。


ビジネスブログ100選
blogram投票ボタン  
↑ブログランキングというのに参加してます。よろしければクリックして一票投票を
関連記事
スポンサーサイト



【2011/09/02 23:38】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<デジタルネイティブ世代の7つの価値観・能力 | ホーム | 諸冨先生の「心の科学」>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://jqut.blog98.fc2.com/tb.php/1360-0ff353e2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |