書籍紹介:「貢献力の経営」山下徹著 ダイヤモンド社刊
NTTデータの山下社長の著作です。「貢献力」「貢献主義」をベースに進めてきた改革について書きつらねられています。縦割り的な意識が強く、全社の知見を顧客に活かすことができていない状況を、あの手この手で変えてこられた道のりを経営者の言葉で表しています。

社内SNSの「Nexti」について過去に2度に渡って見学させていただいています。特に2回目はチームの皆様全員といっていいほどの大勢でご対応いただき、飲み会までご一緒させていただきました。「Nexti」は、この改革の1つの象徴だともいえます。本書でもかなりの書面を割いて取り扱っています。これに関しては、社員の側からの改革についてもお話を伺っているとことになりますが、本書の経営側の視点との間で、両者の認識には大きなぶれは内容に感じました。

私が担当する特例子会社でも、「貢献」はキーワードとしています。人は役に立ちたい、貢献をしたいという本能があると考えるのは不思議なことではありません。だから、人間は高度な社会集団生活を営むことができる唯一の生物なのだと考えることもできます。この本能をきちんと仕掛けと仕組みを作って解き放つことによって、社員は壁を超えるというのが、本書における各運動の趣旨です。そして、SNSというソーシャル・ネットワークを使って、これらが実現されているところがまたポイントです。知らないうちに壁を作って組織が細分化されている状況を打破して、総力で立ち向かい、全員が力を合わせることによって、真の企業力を発揮しようとします。そこに新たなシステムが役立つ、なんとなく人類の進化を感じさせる話です。

貢献力の経営(マネジメント)貢献力の経営(マネジメント)
(2011/05/20)
山下徹(NTTデータ 代表取締役社長)

商品詳細を見る


《2011年9月20日》 全国で大雨です。帰宅してニュースをみてびっくりしました。大災害にならないことを願います。明日の京葉線は微妙かな。


関連記事
スポンサーサイト
【2011/09/20 23:43】 | 書籍紹介 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ナポリでは自殺なんてきかない | ホーム | 書籍紹介:「Tokyoぐびぐびばくばく口福日記」倉嶋紀和子著 新講社刊>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://jqut.blog98.fc2.com/tb.php/1378-4cdfbc20
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |