「会社を変えるリーダーになるエクゼクティブ・コーチング入門」鈴木義幸著 日本実業出版社刊
昨日はいただいた本のタイトルすら紹介するのを忘れました。で、今日は続きで書籍紹介です。

エクゼクティブ・コーチングは、いうまでもなくより良きリーダーになるために行うものです。では、より良きリーダーとは何でしょう。山ほど答えはありますが、本書を読んで改めて感じるのは、「決める」ってことだよな、ということです。ほんとに「決める」ということは難しいです。ただ、これは日頃から意識しないとできるようになりません。上司の大切な役割は、部下に決めることができる人に少しずつなってもらっていくことです。それがリーダー育成そのものです。

理路整然といろいろな案を出せるのだけど、担当としての結論を出さずに相談がくると、ちょっとイラつきますよね。もちろん最後に決めるのは上司であり、すべての意見に耳を傾け、最後は自分で決めるというのが、リーダーの役割そのものです。
しかし、「決めてください」とばかりに単なる複数案併記で相談に来る担当者をみると、担当者として一番大切なところの仕事をせずに投げ出しているような気すらします。決めるつもりで複数案を検討するのと、複数案併記して上に提出するのが仕事と思って検討するのとでは、検討の深みも迫力もまったく違ってきます。担当者といえども、その仕事に対するリーダーシップをとって欲しいとついつい思ってしまいます。

さて、本書の中身に戻りますが、本書で一番印象に残った言葉は、「決めるって決めてないからだよ」という言葉です。なぜ、ものごとが決められないか、という問への究極の答えです。決断するということをまず決めないと何も決められない、わけです。ここからついつい私たちは逃げてしまいます。しかし、リーダーであるからには、決めると決めなければ仕事はつとまりません。

『決断するのはリーダーの仕事である。それは技術ではなく、意思の問題である』。
まさにそのとおりですね。

会社を変えるリーダーになる エグゼクティブ・コーチング入門会社を変えるリーダーになる エグゼクティブ・コーチング入門
(2009/10/16)
鈴木 義幸

商品詳細を見る




《2011年10月25日》 あれやらこれやらあれこれと仕事。それと、あれこれ繋がる。こっちはすごい。さあ、明日は中抜けで病院だ。楽しみだ。
関連記事
スポンサーサイト
【2011/10/25 23:27】 | 書籍紹介 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<働いて、貢献して、稼ぐ~特例子会社のポリシー | ホーム | 人を動かすための2つの方法>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://jqut.blog98.fc2.com/tb.php/1413-78d2096f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |