FC2ブログ
考える、感じる、行動する
ある企業のエンゲージメント・サーベイのお話を聞きました。

何をするにしても、まず定義を明確にすることは大事ですね。この企業でも、エンゲージメントをまずきちんと定義して、社員に伝える努力をされていました。まずエンゲージメントされた状態というのは「社員が自ら前向きに能力を発揮し、会社戦略の達成に貢献している状態」と定義します。

そして、この会社の素晴らしいところは、この定義に終わらずに、もう少し要素分解するのです。それもとても平易な方向で。

・考える 
・感じる
・行動する

この3軸でみるというのです。これは実に納得感のある3軸です。

考える・感じるはあっても行動が欠けてしまっては、口先だけのぶらさがり社員になります。考える、行動するはあっても、感じるがないと、冷静でシニカルな組織にはけしてコミットしているとは限らない転職予備軍になります。この3つがセットである状況が、本当にエンゲージされた状況だということです。

今日、バリューについての内部ミーティングをしていたのですが、この3つの切り口、参考にできるなと感じました。バリューは頭で理解することも大切ですし、共感することも大切ですし、何よりもそれをもとに行動に活かすことが大切です。

《2011年11月21日》 今日は午後から外出のはしご。アカデミーヒルズでの「NEXT JAPAN 2020」と、アイビーホールでの「リクルーティング・カンファレンス・ジャパン2011」。いずれも素敵でした。後日、整理します。
関連記事
スポンサーサイト



【2011/11/21 23:10】 | HRM全般 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<全球的に考える | ホーム | しなやかさを内在させる>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://jqut.blog98.fc2.com/tb.php/1440-0ce26da9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |