LIN論忘年会、ただそれだけ今日は
忘年会シーズン、真っ盛りに入っています。

今日は慶應義塾大学丸の内シティキャンパスにて開催されていた「ラーニングイノベーション論」の一期から三期までの合同忘年会。いつもながら遅刻して、21時30分くらいからの参加です。すでに学びの部は終わり(一次会は慶應義塾大学丸の内シティキャンパスにてビールを飲みながら、盛りだくさんのワークショップが展開されたそうです)、参加したのはビックエコーから。30名ほどが参加し、もちろん主宰者である東京大学の中原先生も最後まで参加です。そして、中原先生、唄います。

あまり期を超えての交わりが強くなると、予定調和が強まるのでどうなのかなという思いはあるのですが、今のうちは素晴らしい社外の仲間と同じ時間を楽しめることだけで、ありがたいと思っています。


《2011年12月1日》 朝からポーター賞関連で、一橋に。すごい贅沢な話を聞きました。いずれそれとわからぬかたちで整理します。
関連記事
スポンサーサイト
【2011/12/01 23:58】 | HRM全般 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<最高の「期待値調整」はスピード | ホーム | 日本を企業から変えていく>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://jqut.blog98.fc2.com/tb.php/1450-f5bf2b81
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |