アクションプランの具体性と実効性を上げるために
今日は午後から外部のセミナー、紹介用の無料コースでしたが、内容的にはフルフルで満足でした。【INHOUSE】で展開可能なコンテンツですが、コンテンツさえ確立できれば、セミナー講師を抱えなくても、市場化できるので、個人が立ち上げた研修会社にとっては、【INHOUSE】の浸透と拡大はいいことですね。

で、中味は細かく書きませんが、「アクションプランの具体性と実効性を上げるために使用を控えた方がいいワード」を書き残しておきます。

運営する。円滑化する。改善する。監督する。管理する。企画する。強化する。共有化する。検討する。効率化する。向上する。支援する。実施する。助言する。迅速化する。浸透する。遂行する。推進する。調整する。努める。定着化する。徹底する。展開する。把握する。図る。評価する。明確化する。目指す。

どれも、そうそうという感じですね。でも、自分自身の目標管理シートを開いてみてください。このワードを1つも使用していないという人はほとんどいないのではないでしょうか。

【INHOUSE】で目標設定を上手にやるための講座といったような奴を考えているのですが、今日のセミナーは別テーマのものでしたが、いろいろとアイデアが出てきました。
東京大学の中原淳先生が、今日のブログで【INHOUSE】企画のことをまた書いています。先生がどこに向かいたいと思考しているのか、100%は理解できていませんし、日々変化もされていると思いますが、ドゥアブルではなく、デリバラブルな人事を志す人たちにとっては、非常に時を得たテーマです。

皆さん、しなやかに頑張りましょう。

《2011年12月7日》 セミナー後の夜はキャリアデザイン学会の企画運営委員会。またまた遅刻です。ここのところ夜の用事に遅刻せずにいったことがないような気がします。次年度の大会は、9月15日・16日に東北学院大学でやることになりました。今日は珍しく、飲みに行く前にアップしておきます。



関連記事
スポンサーサイト
【2011/12/07 21:01】 | HRM全般 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<問題点ではなく、あるべき姿を語る | ホーム | HRMに境界はありません>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://jqut.blog98.fc2.com/tb.php/1458-e61c3652
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |