結果的に雑談のように見える面接
新卒採用面接が始まっています。

よく聞かれる話なのですが「よい面接とはどのような面接ですか」というのがあります。私が答えるとすると「結果的に雑談のように見える面接」とでもなるでしょうか。

もちろん何も世間話をしているわけではありません。面接をする側からはそれなりに構造化した質問を投げかけるのですが、面接を受ける側はそれに自然体で答え、面接官も自然体で掘り下げる、そんな応酬が一問一答的にではなく自然に続く、それが「雑談のように見える面接」です。

面接官は相手の自然の姿をみたいのですから、いかに自然体を引き出すかは大切です。多少揺さぶったりする必要も出ますが、素に近い状態にどうやって持っていくかが勝負の1つです。最後まで素に近い姿を見れなかった場合は、残念ですが自信をもって内定を出すのは困難です。面接の合否は合理的に決定できるものではありません。分析的に決定できるものではありません。もちろん、合理的かつ分析的に材料を集めて整理することはしますが、その結果で自動的に結論を導きだすものではありません。最終的には面接官が「決断」をする必要があります。「決断」に至れないままに面接が終わってしまった場合は、いいなといえる学生でも内定を出すのは少々怖くなります。学生の皆さんにはよく言っているのですが、武装して素を出さないのは損です。用意したことを明瞭な声で話して満足してしまうのは損です。最初はアイスブレーキングの意味も含めて、用意してきたと思われることをまずは聞いてあげようとしますが、それ以降はいかに「雑談のように見える面接」にするかが、お互いの理解のためには必要だと感じています。何よりもお互いの理解なくして、合否は決められませんから。




関連記事
スポンサーサイト
【2012/02/18 23:23】 | キャリア~学生・就職・採用 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
<<ネットワーク型人事部 | ホーム | 第一回お好み焼き検定上級合格者様向け講習会>>
コメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2012/02/20 16:16】 | #[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://jqut.blog98.fc2.com/tb.php/1531-c88000e3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |