お好み焼き検定上級合格者限定講習会を開催しました
「にっぽんお好み焼き協会」は3年前から毎年秋に「お好み焼き検定」を実施していますが、昨年11月に実施した第3回からは、従来の初級検定に加えて上級検定を始めて実施しました。

初級検定はマークシート方式で、きちんと課題図書を勉強さえすれば、ほとんどの方が合格するという作りになっていますが、上級検定は記述問題も多数あり、難易度はかなり上がっています。結果的に合格率は50%に至らないという難関となりました。

合格者は全国で48名。これらの方を対象に、本日、上級検定合格者限定のお好み焼き講習会を開催しました。場所は麹町の「文字平」さん。中野ご店主の好意で日曜日にお店をあけていただきました。本当にありがとうございます。

講習ではまずは佐竹会長の模範デモ、説明の随所にノウハウが織り込まれています。そして試食をしたあとは、各自が自分の目の前の鉄板で、今、伝授されたツボを抑えつつ、お好み焼きを焼きます。焼き上がったら、お好み焼きをつまみにしてホッピーで乾杯です。三冷ホッピーの美味しい作り方も伝授されました。

講習会というよりも、鉄板を囲んで親戚同士が交流するという雰囲気だったでしょうか。お好み焼き好きが集まり、始めてであった同士がお好み焼きを囲んで語らいます。運営側として、とても嬉しい光景です。

このレイアウトとシチュエーションはなかなか素敵です。お好み焼きワークショップはきっと盛り上がると思います。今日の様子はフェイスブックページで少し味わえますのでどうぞ。

《2012年2月26日》 ということで休みなく明日の月曜日を迎えます。今週も盛りだくさんです。全部、仕事、終わらせられるかな。というか、終わらせるしかない。
関連記事
スポンサーサイト
【2012/02/26 23:44】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<女性にキャリアがなくて、日本に未来があるか | ホーム | 勉強会の落とし穴>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://jqut.blog98.fc2.com/tb.php/1540-9884defc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |