脱・ステレオタイプ
「ゆとり世代」という言葉があります。

私はある世代をカテゴライズしてステレオタイプ的な名称を十把一絡的につける風潮が大嫌いです。もはや世代であるとか、日本人であるとか、そういう括りで人を評価することに意味がなくなっています。今の大学生、今年の新卒生でもほんとにトンガっている奴、面白い奴、たくさんいます。1人ひとりの個性は、前の世代よりもよっぽどあります。ステレオタイプにみないで、是非、個々人をみて欲しいと思います。

でも、世の中はこういう見方が好きなんです。また、傾向で把握した方が効率的であるという実務的な側面もあります。
いずれにしても、少なからずこういう見方をする人がいるということは知っておく必要があります。自分たちがそう勝手に定義されているということも知っておく必要があります。そして、そういう人を苦労の末にきちんと見返して欲しいと思います。ろくなものを後の世代に残せていない前の世代の人たちにレッテルを貼られることを悔しく思っていいと思います。もしくは無視しても。ただし、やるからには結果で勝負です。そうしないと、「ほら、やっぱり」という声が聞こえてきます。


《2012年4月7日》 千葉公園にてお花見。結構、空いていてよい感じでした。
関連記事
スポンサーサイト
【2012/04/07 23:44】 | HRM全般 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<新入生に宛てたメッセージ ~一橋大学山内学長 | ホーム | コマ切れプレゼン ~新卒採用面接に思う>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://jqut.blog98.fc2.com/tb.php/1583-a4f534fd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |