FC2ブログ
ヘルピングはカウンセリングへ
今日はgcdfのクラス・クライアント役で協会本部の教室に来ています。待ち時間で余裕があるので、えらい早い時間ですが、プログをアップします。現在のスタイルでgcdfのクラス・クライアント役のお手伝いは今日が最後になります。

既に協会HPでも告知されていますが、7月からgcdfのカリキュラムが大幅に変わります。これは昨年の3月29日に厚生労働省が、標準レベルのキャリア・コンサルタントに求められる能力要件を見直す報告書を出したものに対応するものですが、総時間数は130時間から140時間に増えますが、主にホームワークで対応するようで、全12回という回数は変わりません。ただし、各回の内容や順番などはかなり変更されます。

強化されるポイントは、3つです。まず1つはHRM。これは我々からみるととても歓迎です。やっぱりどの分野でキャリアカウンセリングをするにしても、HRMの常識的な理解がない人は問題です。それから2つ目はメンタルヘルス。キャリアカウンセリングがメンタルヘルス早期発見の入り口になるケースは結構あるでしょうし、リファーすべきレベルのクライアントをキャリアカウンセラーが自らの知識のみで扱うのは危険です。3つ目はカウンセリングそのものであり、傾聴中心の関係構築だけでなく、カウンセリングのセッション全体のプロセスを取り扱うようになります。

そして、この機会に「ヘルピング」という表現を「カウンセリング」と変えるそうです。さらには、これはスーパーバイザー養成講座などでは既に変更していましたが、これまでのヘルピングの5ステッププロセスは、カウンセリングの6ステッププロセスに変わります。

ということで、クラスクライアント役の役割も大幅に変わります。それにしても「ヘルピング」という言葉が使われなくなるのは、私たち既存ホルダーからみるとちょっと寂しいですね。

《2012年4月21日》 来週、リーダーシップを題材にととある企業様で講演をさせていただくので、午前中に突貫準備。今夜もじっくりと考えます。アウエーで人に話す準備って、すごく自分の整理になりますね。
関連記事
スポンサーサイト



【2012/04/21 13:47】 | キャリア~全般 | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑
<<ドラムサークルin「人材教育」 | ホーム | リーダーシップ機能発揮に少しでも専念できるように>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://jqut.blog98.fc2.com/tb.php/1598-9bbe7007
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
-
管理人の承認後に表示されます【2012/04/21 14:01】
| ホーム |