寡黙な人材開発担当者
月曜日の「人材教育」読者セミナー。第三部は、参加者全員によるワールドカフェです。で、参加者全員……といいながら、あれ、なんか人が少し減ってます。そうです、第二部までいた方のうち、少なからざる方がお帰りになったみたいです。第一部、第二部の内容を踏まえて、みんなでリフレクションする場なのに、帰っちゃうなんてもっていないですね。導管教育がやっぱり落ち着くねぇという人は、やっぱり多いんですね。まあ、私も時にはそう思うこともあるのですが。

第三部でも、各グループの話し合いの内容を発表してねといわれても、シーンとした感じ。私は沈黙に耐えきれずに発言してしまいましたが、あれあれ人材開発担当者、これでいいのかな。

どうも普段付き合っている皆様が「普通じゃない」んだということを改めて感じさせられました。でも、これでは日本はまずいです。ということで、新しい動きがもうすぐ生まれます。



関連記事
スポンサーサイト
【2012/04/27 23:55】 | HRM全般 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<「何とかなるさの楽観主義」 vs「何とかするさの楽観主義」 | ホーム | 座る位置の大切さ>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://jqut.blog98.fc2.com/tb.php/1604-a05d901a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |