日本キャリアデザイン学会 第9回研究大会
今年のキャリアデザイン学会は、9月15日・16日の2日間にわたって、仙台・東北学院大学にて開催されます。初日のワークショップを担当させていただくことになりました。学会ではなかなか味わえないような企画を検討しています。是非、9月15日に仙台でお逢いしましょう。

------------------------------------------------------------------------------
   日本キャリアデザイン学会 第9回研究大会
         参 加 者 募集
 ------------------------------------------------------------------------------ 
  ◆開催日   2012年9月15日(土)・9月16日(日)
  ◆大会テーマ 前え!! 生活・家族・仕事、そしてキャリアデザイン

  ◆主宰校   東北学院大学 土樋(つちとい)キャンパス 8号館
           〒980-8511 宮城県仙台市青葉区土樋1-3-1 (Map)
  ◆主なプログラム (プログラム)
    第一日目 9月15日(土)
           9:00   開会式
           9:30   テーマ部会(№1~№4)
           10:55  ワークショップ 1/テーマ部会(№5~№7)
           13:30  ワークショップ 2/テーマ部会(№8~№10)
           15:30  キャリアデザイン学会 会長講演
           16:20  キャリア政策研究・国際交流委員会活動報告
           16:40  キャリアデザイン学会 年次総会
           18:00  交流懇親会(仙台国際ホテル)
         ※終日①  主宰校企画【ポスターセッション】
         ※終日②  東日本大震災復興写真展(河北新報社協賛)
    
    第二日目 9月16日(日) ※敬称略
           7:00   被災の地視察出発(仙台駅-仙台国際ホテル-アパホテル)
           9:00   石巻視察(門脇地区・日和山周辺)
           12:30  東北学院大学土樋キャンパス周辺到着
           13:00  基調講演      遠藤 薫 (学習院大学法学部教授)
           14:15  学会企画シンポジウム
                 (司会)       吉田祐幸 (宮城県北部地方振興事務所所長)
                 (パネリスト)     阿部重樹 (東北学院大学経済学部教授)
                             針生英一 (ハリウコミュニケーションズ㈱代表取締役)
                             中山聖子 (NPOハーベスト代表理事)
                 (指定討論者)   中村 恵 (学会副会長・神戸学院大学副学長)
           16:15  閉会式
 ---------------------------------------------------------------------------------------------
CDIJ 第9回研究大会 参加募集詳細

大会テーマ 前え!! 生活・家族・仕事、そしてキャリアデザイン

テーマ趣旨
2011年3月11日、東日本を襲った「東日本大震災」やそれによる原子力発電所事故は、これまで私たちが経験したことがない未曽有の災害をもたらしました。現在、復旧あるいは復興に向けて多くの方々が懸命に努力され、苦労をされておられることに、日本中そして世界中の人々が心を痛め、その勇気ある、そしてひたむきな姿に感動し、敬服し、そして心よりの声援を送っています。
個人の力が及ばない、そして自分が意図せざる自然災害、そして事故や病気によって、これまで蓄くわえ、培い、そして育てきたものが、一瞬にして失われてしまうことの恐ろしさや辛さを、多くの日本人が経験しました。これまでの平凡であった生活が消え、寄り添ってきた家族や隣人が亡くなり、そして仕事や仕事を奪われることで、将来に不安を覚え、またこれからどのように生きていくのかを、自問し、またともに考えざるをえない状況に置かれています。
このような危機的な時代や状況において、自分のキャリアをデザインすることは可能なのか。またキャリアをデザインする意味はあるのか。それを問うことは、本学会の存在意義を問うことでもあります。
今大会は、東北学院大学を主宰大学として、被災地で研究大会を開催することになりました。それは我々自身がキャリアについて、キャリアをデザインすることの意味を、真剣に問い直し、また見つめ直し、学会の将来をデザインしたいという思いからでもあります。
大会が開催されます9月中旬には、復旧や復興は今まで以上に進展し、より多くの方々が「前へ」向かって歩んでおられると思います。


関連記事
スポンサーサイト
【2012/05/16 23:57】 | キャリア~全般 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<全て日本人の手によって、積み重ねてきた成果なのだ | ホーム | 「かつての枠組み」の「原体験」を超えて>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://jqut.blog98.fc2.com/tb.php/1623-58fa719f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |