「sMALLラボ(仮)」イーゼル・ブレゼン③ ~経営学習研究所
月曜日の経営学習研究所(MALL)のキックオフ・イベント。

一昨日、昨日と第二部のイーゼル・プレゼンで私が語ったことを整理しました。当日は7分くらいしかしゃべっていないので、それに比較するとブログ上ではやけに詳しい解説になってしまいました。文字だけで話を伝えることの難しさを改めて感じます。たぶん、それでも会場でお話したのの半分も伝わらないだろうなぁと感じています。

で、私のラボは自分では何もやらないラボではないか、との指摘をいただいています。前に出てしゃべるだけが「やる」ことではないので、まぁ別にいいのですが、実務家の皆さんに場をつくっていただく以外にもやりたいことがあります。

私が志すのは、学びの場の浸透と拡散。その意味では、学びが日常ととろけるのがいい感じです。越境なんて言葉がなくなるくらい、境目がなくなる感じですかね。普段はあまり学びと意識しないような行為の中にもたくさんの学びがあります。動機付けとちょっとした工夫、そしてリフレクションがあれば、たいていのことは学びの場になるように思います。そんな思いで、学びの業際(?)で何かをやられている皆様に登場していただたき、場をつくり、皆で学びを愉しめないかなと思っています。

すでに企業の学びの場にも正当的乱入を果たされているペッカーさんたちのドラムサークルは、まずMALLチックにやってみたいですね。ペッカーさんは今日は神戸まで赴き、金井壽宏先生の「人勢塾」に登場されているはずです。先日は「人材教育」誌にも登場しています。弊社の新入社員研修は2年連続でお願いしました。すでに、業際というよりもインナーに足を踏み込んでおられますが、愉しく怪しくというコンセプトにはぴったりです。

あと、にっぽんお好み焼き協会の佐竹会長にご出馬いただき、お好み焼きワークショップも是非やりたいです。美味しいお好み焼きの焼き方というのは、若手育成のメタファーとして使える要素がたくさんあります。ただ、これって座学でやっても面白くもなんともないので、皆で鉄板を囲む必要があります。となると、参加可能人数は6~8名でしょうか。よく考えなければなりません。大阪でオコパ(お好み焼きパーティー)スタイルでやるって手もありますね。

それから先日、書家の尚海さんとお話をしていて、大人の書のワークショップもやりたくなりました。尚海さんは子供向けにこれをやっておられます。でも、大の大人たちにむけてこれをやることによって、何かが起こりそうな気もします。

あと、イメージがまったくつくれていないのですが、古典酒場の倉嶋編集長にお願いしてお酒にかかわるワークショップができないかなと夢想しています。何の道でもそうですが、徹底的に何かをやられている方の周囲にはたくさんの学びの要素があります。そんな皆様と愉しく怪しい場をつくっていくのが、私の愉しみです。

で、結局、自分は直接、何もやってませんねぇ。そんなラボも1つくらいあってもいいんじゃないでしょうか。

今日で、とりあえずはキックオフイベントの振り返りは一段落させます。あらためて、つぶやきとムビーの総集編をご覧いただければと思います。

リフレクションムービー 本編

完全「参加型」リフレクションムービー

MALLの場の作り方

ハッシュタグのまとめ

あらためて日曜日のお昼に3本続けてリフレクションムービーみましたが、主催者の一人がこういうのも何ですが、ちょっと感動ですね。


《2012年6月10日》 昨晩は私の実家に大学時代の友人が大勢集まってくれました。我が家は高校時代も大学時代も友達のたまり場。変わらずに友達を連れていくのは、親孝行でもあったりするんです。





関連記事
スポンサーサイト
【2012/06/10 12:01】 | 経営学習研究所(MALL) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ユニクロの新卒採用への反応に考える | ホーム | 「sMALLラボ(仮)」イーゼル・ブレゼン② ~経営学習研究所>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://jqut.blog98.fc2.com/tb.php/1649-cece02d5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |