帰宅指示の判断とか
台風接近中。

こういう日は企業の人事・総務担当者は、いつ社員に帰宅指令(もしくは帰宅許諾連絡)を出すか悩みます。最近は交通機関が事前間引き対応をしたりすることもあるので、早め早めの判断をしないと、特に川を超える千葉や神奈川に帰る社員が帰れなくなります。もちろん、台風の場合は時間で解決することが目に見えていますから、やり過ごすために徹底的に残業をするという選択肢もあります。ですから、帰宅「指令」は普通ないですね。このあたりの指示の仕方によって、給与の支払い方も変わってきます。派遣社員については、派遣元との認識(主張)が合わずに困るケースも出てきます。でも、昨年の3月の放射能漏れの情報を収集しながら、担当者の担当者と密に連絡を取りながら手探りでどうすればいいか検討していたことに比べれば、非常に難易度は低い仕事です。あの時はほんとうに悩みました。どちらかというと、悩んだら「帰っていいよ」、が一番です。

私は今晩はgcdfの新クラスクライアント役の実習でした。ステップ1、ステップ2と終わり、ようやくたどり着いたステップ3。これを超えると新コースのクライアントをやる資格が得られます。ステップ3は前後半に分かれており、今日は前半。19時集合で22時までの予定です。まあ、企業の人事担当者が集まっているので、19時少し前くらいから勝手に、今日は中止になするべきか、何時には終わる方がいいと勝手にいっていましたが、とりあえずは講義部分だけをして、ロープレは後日となりました。会社よりも協会みたいな組織の方が判断難しいですね。

《2012年6月19日》 うーん、体調不良のなりかけ。ここでとどまる。

関連記事
スポンサーサイト
【2012/06/19 22:57】 | HRM全般 | トラックバック(2) | コメント(0) | page top↑
<<意地でも普通に考えない | ホーム | 内定者アルバイト>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://jqut.blog98.fc2.com/tb.php/1658-1dbc30af
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
-
管理人の承認後に表示されます【2012/06/20 06:19】
-
管理人の承認後に表示されます【2012/06/21 11:14】
| ホーム |