意地でも普通に考えない
フェイスブックでタイムラインにしていない人ってすごく少数派になってきましたね。

私は、あのタイムラインのコンセプトから、人の人生すべてを網羅してやろうという傲慢さを感じていやなのですが、デザイン的にはやっぱりタイムラインにしていないと寂しいものがありますね。いつだかに一斉に替わるとい噂がありましたが、今のところはそのまま使えています。もう、とりあえずは意地でも変えないという感じですが、別に意思が強いということを主張するわけではありませんが。

私は社会に出て初めて、新入社員として食品メーカーの東京の営業所に配属されました。営業所のトップは非常に魅力的な方でした。今でも、年に1回OB会でお会いします。「暁商事」と称して、お客様や部下と明け方まで麻雀をされますし、二次会ではマイ・ウクレレを置いてある店で演奏もしてくださります。

禁煙についての話になった際のことです。この方、「意思が弱いやつは、流れに流されて禁煙なんかをしてしまう。自分は意思が強いので禁煙をしようとは思わない」というようなことを言われていました。普通、「いやぁ、意思が弱くて禁煙が続きませんでした」とか、「自分は禁煙して1年になる。意思の強さの現われですね」などと考えるのが普通ですが、「意思の強さ」を逆の観点からみます。これはこれでとても正しいのです。

世の中の多くの人が、「禁煙ができないのは意思が弱い」と思うところに、当たり前のように「禁煙をしないのは意思が強い」と言い放つ、ここにイノベーションの芽があります(大げさですね)。よくよく考えると、当時の上司には、いい意味で「非常識」なことを言い放つことができる人が多くいました。でも、そういった観点をいただけたことが、今の自分につながっているような気がします。

意地でも普通に考えない、意地でもオリジナリティにこだわる、これはよい仕事をする大一歩だと思います。当時の上司たちほど自分が今、できているかというと、これはなかなか難しいところがあります。

《2012年6月20日》 体調が万全でないと頭がぼーっとして仕事がはかどらず、とにかくいいことないですね。
関連記事
スポンサーサイト
【2012/06/20 22:12】 | キャリア~全般 | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑
<<2025年に残っている職業 | ホーム | 帰宅指示の判断とか>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://jqut.blog98.fc2.com/tb.php/1659-d187d48c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
-
管理人の承認後に表示されます【2012/06/21 11:14】
| ホーム |