様子見よりも先物買いが絶対にお得です
昨晩はラーニングイノベーション論、今年開催中の第4期の皆様のセッションに第3期から2人が乗り込み、昨年の今頃にコミットしたアクションプランの1年後を披露するという企画です。これを受けて、いよいよ終盤に向かう第4期の皆さんも、アクションプランのポスターセッションの準備に入ります。素敵な連鎖です。発表されている第3期の方が、自然体で愉しそうで、これがまた素敵でした。

私の第1期や賑やかな第2期の有志も傍聴させていただけます。長岡先生までいます。そして21時過ぎから立食の懇親会。なんと丸の内のど真ん中、慶應MCCのクラスルームにて23時を過ぎてまでそれが続きます。太っ腹の教育機関です。まあ、世界の事務局あってのことだともいえますが。

それにしても、この各期を自然につなぐ仕掛けは見事です。帰り際に第4期の1人がいっていましたが、第5期がもしもなかったら自分たちのアクションプランのその後を発表する場がないから、中原先生もやめれないはず………、なるほどそうですね。先生は気づいているかな、この素朴なロジック。

4年前に第1期に参加してみて本当に良かったと自分で思います。転職先に移った直後でもあり、いろいろと悩みながら進める中で、一つの指針をここでもらったと思います。そして、何よりも拡大する仲間とネットワーク。本当に感謝です。そして何よりも、1期はいつまでも1期。絶対に追い抜かれることはありません。

何にしても、様子見よりも先物買いが絶対にお得です。

関連記事
スポンサーサイト
【2012/09/14 22:55】 | HRM全般 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<シェアードサービスの光と影 ~私的シェアードサービス論~ | ホーム | ネットワークを構築する4つのステップ>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://jqut.blog98.fc2.com/tb.php/1694-5a5219b9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |