外から感じるシェアードサービス
もう一日、先週のシェアードサービス研究交流会議での講演からです。

今日は「外から感じるシェアードサービス」という話です。素朴なシェアードサービスへの疑問というのをいくつか並べてみました。

不思議① 管理間接部門の効率化を目指すシェアードサービス子会社が管理部門や企画部門といった管理間接部門を持つことの意味がわからない。

不思議② 自グループの利益を最大化することが役割のシェアードサービスが外販をすることの意味がわからない。

不思議③ 賃金水準の高い親会社からの出向者が、賃金水準の低いグループ会社の業務を担当していることの意味がわからない。

不思議④ SSCプロパー社員は、そのグループ企業のビジネスモデルや商品・サービスを知らない(下手すると愛着もない)存在になってしまわないか。グループとしてそれを望んでいるのか。

不思議⑤ 日常的に競争にされされていない組織が、自ら徹底的な効率化・コストダウンを図った例を世界の歴史は知っているだろうか。シェアードサービスセンターを持つことは結果的には高コスト体質を内包しないか。

不思議⑥ 給与計算のプロと、SSCのプロとは何が違うのか。そもそも給与計算のプロなんかいるのか。SSCのプロとは何なのか。

別に意地悪いっているわけではないのですが、これらの不思議に一つひとつ自社のシェアードサービスセンターとして抗弁をしていくことが、自社のアイデンティティの強化に役立つのだと思います。

シェアードサービスセンターは、明らかに連結重視の時代に後押しされ、日本固有の厳しい解雇法制に守られて来ました。そうでなければ、ドライに切り離されてもおかしくなく、現実的に外資になった某企業はそういう選択をされています。この選択は成功例だと思いますが、本体の経営がしんどくなってくると、不幸な切り離しというのも今後は起こりかねません。賃金の国際比較みれば、価値創造度の低い仕事が切り離されていくのは、競争力確保のためには当然のことです。

シェアードサービスセンターに最も求められているのは、自社グループにあらためてどう貢献するかという目線でしょう。一瞬であってもシェアードサービスセンター自身の存続と発展が自己目的化してしまっては、その時点からグループ経営にとってシェアードサービスセンターの存在自体がリスクになります。でも、これはシェアードのプロパー社員採用なんかが進むと結構難しいテーマになります。

まだまだシェアードサービスセンターのやりようはあります。何せ歴史が浅いのですからやり切れていないチャレンジもあるはずです。例えば、外部とのインターフェイス機能を中心にした小さなシェアードサービスセンターというのがあるように思います。グループ社員の働きがい創出のためにシェアードサービスセンターが機能できないかという目線もあるように感じます。

講演を聞いてくださった大半の人は実に真剣に自社のテーマに向き合っている感じでした。そんな素晴らしい皆様が企業を超えてネットワークをして、その成果を自社に持ち帰って改革を続けることができている限り、シェアードサービスが拡散しきってしまうことはないと願っています。

関連記事
スポンサーサイト
【2012/09/19 23:54】 | シェアード・サービス | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<「経験学習」~キャリアインテグレート研究会にて | ホーム | シェアードサービスの浸透と拡散>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://jqut.blog98.fc2.com/tb.php/1697-f13b3169
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |