第4回お好み焼き検定が終わりました。皆様ありがとうございました。
本日、にっぽんお好み焼き協会が主催する第4回お好み焼き検定初級検定を東京と大阪の2会場にて実施いたしました。毎年この時期に実施しています。欠席率2%未満、皆様、大変によく事前学習しておられ、この分ですと大半の方が合格されるのではないかと嬉しい悲鳴です。今回実施した初級検定は、きちんと事前学習をされればけして合格は難しくありません。そして、初級をクリアされた方は、2年に1度の上級検定にチャレンジする権利を勝ち取れます。今年はスキップの年でしたので、来年は上級検定も実施予定です。こちらの合格率は大幅に下がりますが、合格者は佐竹会長が直々に美味しいお好み焼きを焼くノウハウを伝授する上級合格者特別実技講習にご招待いたします。途中からはアルコールも入ってオコパ状態になりますが、間違いなく美味しいお好み焼きを焼けるようになります。今年の初級合格者には、是非、また来年、上級検定の会場でお会いしたいと思います。

それにしても、仕事でもないのに仕事と同じようなプロセスを踏む必要のあるこの協会ビジネスを手伝うのって何が原動力でしょうかね。「越境学習」の観点からでは、なかなか容易に説明ができません。でも、こんなに多くの受検生に喜んでいただけること、ある分野の一人者の皆様と何かを創り上げること、それも今までにない何かを毎年変化させて創り上げていくこと、こういうことが本質的に好きなのだとは思います。

お好み焼き協会のフェイスブック・ページ。動画も入って、かなり賑やかになりました。是非、お時間のある際にご覧ください。

DSC_0444.jpg
関連記事
スポンサーサイト
【2012/11/18 23:33】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<雑感、4つ | ホーム | 新卒採用の前提の変化、選択の観点からの時代の変化>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://jqut.blog98.fc2.com/tb.php/1715-820502d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |