ラーニングイノベーション論、期を超えての交流
慶應義塾大学丸の内シティキャンパスで開催されている「ラーニングイノベーション論」(略称LIN論)。第1期から第4期(今年組)まで合同の学びの場+大忘年会が昨晩開催されました。あまりに人数が集まったので、当初の会場がキャパオーバーになり、忘年会もMCC会場を拝借しての開催です。

別件があり、第一部の終わり間際に酔っぱらって到着。会場は「あの雰囲気」に満ち満ちています。

そして、第二部。テーマは「期を超えての交流」。ちょっと呑んだあたりで期を超えた4人がチームになり、ダイアローグ。話す課題は「私はなぜラーニングイノベーション論に来たのか」「ラーニングイノベーション論に参加して何が変わったのか」。さすが名幹事団。なかなかこの日にフィットする、刺さるお題です。

昨日語れなかったことも含めて、自分を振り返ってみます。

「私はなぜラーニングイノベーション論に来たのか」………

これはいくつか複合的な理由があります。まあ、何でも決めるときは、理由が一つということの方が珍しいですけどね。

①中原先生の講座だったから。これはもちろん大きいです。人事浪人時代にラーニングバーに通い、刺激をつなぐことができていました。中原先生が連続講座を持つ、これはもう愉しみです。

②世界の事務局が担当だから。この講座、キャリアアドバイザー養成講座でお世話になった事務局の保谷さん(通称:世界の事務局)が担当されており(今回で卒業です!)、リリース前からご案内をいただいていました。受講生の通は、講座を事務局で選びます(?)。保谷さん渾身の講座、大推薦の講座であれば間違いありません。

③今なら一期生になれるから。何でも初代を追い抜くことはできません。先物買いは素敵です。3年経ちましたが、未だに1期生よりも古い代は生まれません(当たり前です)。2期目以降で行くなら絶対に1期です。講座をともに作れる感じも素敵です。ただ、2期目以降にどんどん魅力的な講座が新たに増えており、少しうらやましいところもありますが…。

④松尾先生の話が聞けるから。小樽商科大学時代に書かれた松尾先生の「経験からの学習」に影響され、キャリアデザイン学会で2年間、素人発表をしました。そのご縁で、学会の研究企画委員もつとめさせていただくようになりました。一度、直接お話を聞きたい、神戸に押しかけようかなとか思っていたら、なんとバシッと入っているではないですか。松尾先生にその場で研究内容を見ていただき、コメントをいただけたのは感動でした。

⑤改めて体系的に「人事」を考えたい。弟1期開講の3カ月前、1月に人生初の転職をしました。人事のキャリアを買っていただいての転職ですが、実は4年間人事の仕事を離れており(浪人時代と呼んでいます)、まったく社風も業界も違う会社でもあり、正直大きな不安もありました。体系的に改めて「人事」を考えたい、そんな思いに見事にフィットする講座でした。これにこなかったら、だいぶ仕事は変わっていたはずです。

⑥転機にはMCCがありました。人事を長らくやったあと、不惑の時に営業に戻ったとき、たまたまですが、MCCのキャリアアドバイザー養成講座アドバンスに通っていました。自分が何とか前をむけていたのも、花田先生や仲間のおかげです。そして、転職直後、オフィスはMCCのすぐ近く。転機にはMCCがありました。

さて、次のお題、「ラーニングイノベーション論に参加して何が変わったのか」。
これは語るのが難しいです。中原先生らと一般社団法人経営学習研究所(MALL)を今年は立ちあげさせていただきました。いろいろなものが拡がっています。人事担当としてはまだまだ課題が山積しています。LIN論はそれへのエネルギー源の1つです。ただ、まだまだ変わっている途中なので、落ち着いての総括をするつもりはあまりありません。たぶん、ずっとその時期はこないのかもしれません。

写真は、1期生のOB会である「学びYA」の第1回のダイアローグのごくごく簡単なまとめです。門前仲町の私の後輩がやる店で開催されました。もう3年があれから経ちました。今日の会に出て、それなりには皆、あの頃の未来にちゃんと立っているような気はしました。

これからもどうぞよろしくお願いいたします。学び続け、アウトプットし続けます。

849.jpg
関連記事
スポンサーサイト
【2012/12/15 08:42】 | HRM全般 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<第21回メンタルコンシェルジュセミナー 「「キャリア・スリップ」をどう乗り越えていくか」 | ホーム | 入社4年目からの10年間をどう過ごすか>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://jqut.blog98.fc2.com/tb.php/1727-0bca039a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |