中途慣れしていない個人としての自分~CJJ01
東京大学の中原淳先生のブログは、幅広い題材を多角的な視点から取り上げておられ大変に学びがあります。実務家として、負けてはいられない(?)と思う日も多々あります。

ってことで、毎回はとてもできませんが、時折、中原先生のブログを題材にここでもあれこれと考えてみるという企画をしたいと思います。題して「チャレンジJ&J」。とても、いい加減なタイトルです。別に挑戦するつもりはないですが。
で、記念すべき第1回目は1月28日(月)の『「中途慣れした組織」と「中途慣れした個人」:中途採用者の抱える課題に、いかに社会は向き合うのか?』です。すでに次のブログも書かれていますので、周回遅れです。

http://www.nakahara-lab.net/blog/2013/01/post_1939.html

私は「中途慣れしていない組織」から、「中途慣れした組織」に移動した一人です。これはおそらく、「中途慣れした組織」から「中途慣れしていない組織」に移動するよりも、ハードルはかなり低いことかと思います。ただ、私の初回転職年齢は46歳であり、典型的な「中途慣れしていない個人」でした。でも、とりあえずは何とかなりました。

少し、中原先生の文を引用します。

**********************************************************
中途採用者の場合、「既存の職場での職務経験で培った知識・技能・信念」のうち、「現在の新たな職場では使えないもの」が、どうしても、生じてきます。その場合、「何」を捨てて、「何」をそのままにし、何を新たに学び直すか。こうしたことが、自然と、あまりストレスを感じずにできる人と、そうでない人がいるように思います。

特に後者の場合、自分としては、過去の職場で学んだことは、「ポータビリティ(持ち運び可能)」で、普遍的に(ユニヴァーサルに)、どの職場や組織で行われる業務でも、利用することができるはずだと考えているのに、あちらの組織では通用しても、こちらの組織では通用しない。思っている以上に、自分の培った知識が、企業特殊のスキルや技能であって、ポータブルではない、ということに気づかされる一瞬ですね(僕個人の研究的信念でいえば、ポータブルな知識・技能とは確かに存在するとは思いますが、その知識・技能は、業務上は"さして重要ではないもの"に限られると思います。"業務の中で本当に大切もの"は、状況に埋め込まれて学ばれますし、企業特殊であり、なかなか他のコンテキストでは、かつてのように奏功しないのではないかと思います)。
その場合には、学習棄却(Unlearn : すでに学んでしまったことで、現在は通用しない考えを捨てて)、学び直す(Relearn)必要があるのですが、それが、「中途慣れしていていない人」にとっては、なかなかうまくはいきません。そうしたサイクルにはいることが、あたりまえのことだとは思えないのです。
  捨てるべきものに固執する
  捨ててはいけないものを捨てる
  捨てることや学び直すことに勇気がもてない
一般に、「既存の職場」で手腕を発揮した人で、かつ、前職と現職の差が近い人ほど、いったん、この問題が深刻化すると、とても厄介です。そこには仕事のプライド、本人のアイデンティティの問題が深く絡んでくるからです。「これまでの手腕」が、組織をまたげば、場合によって「足かせ」にしかならないことも、ままあるのです。
場合によっては、周囲に、様々な不安や不満を打ち明けることができず、また助言も受けられず、元気を失っていくパターンもゼロではありません。一方、「中途慣れしている個人」は、そこで起こる様々な心理的葛藤や混乱を横目にみつつ、そのサイクルをまわし、なんとかかんとか、日々の業務をマネージング(やりくり)することができます。もちろん、時には「痛み」もともないます。そういう個人は、多くは、自分の周囲に人的ネットワークを持ちます。適切な支援者や助言者、そしてキーマンなどを見つけ、彼らとのインタラクションを通じて、組織に溶け込み、自己の再構築を行います。個人にとっての「中途慣れ」という問題は、かくのごとき問題です。
**********************************************************

自分の経験談的になってしまいますが、3つの要素が私の場合はあったかと思います。

一番目にして、一番大切なこととして「捨てるべきもの」が致命的ではなかったという点かと思います。これは実に大事です。組織が変われば「捨てるべきもの」は必ずあります。それが自分のアイデンティティに強く触れるものであれば、捨てるのは困難です。極端な話、自分の信義に反してまで捨てることは適切とは思いません。これは、どちらかというと会社選択の話です。場の選択の話です。そして、会社側も採用選考で見極めなければならない点です。大事なものを「捨てなければ」その組織に適応ができないような人を採用することは、いかに能力が高く、いかに実績を上げていても適切ではありません。たとえば、どれだけ優秀でも強いワークライフバランス思考の人をスタートアップ企業が雇用するのには、難しい点があります。チーム志向、個人志向などもそうです。営業方針やビジネスモデルなどもこれに当たるかと思います。

二番目は、外とのつながりでしょうか。私の場合は会社は変わっても、人事フィールドという職業ギルド(?)は逆に3年振りに元に戻しました。また、人事から離れていた3年間もつながりは維持し続けました。これは気持ちの上での安定感があります。また、社内専門家としての立場は、新参者にとっては新しい組織で動きやすいパスポートでもあります。

三番目は、「中途慣れしていない個人」ではあっても、「転校経験が豊富な個人」だったこともあるかと思います。小学校・中学校では2年に1度転校していました。いずれの都市でも転勤族が住むエリアというのはあります。そのエリアにある小中学校では、一学期の終業式の日にクラスから5人の友達がいなくなり、二学期の始業式の日に5人の新しい友達を迎え入れるという按配になります。「転校経験が豊富な学校」というものがあるわけです。結果、地元の生徒も「転校受け入れ経験が豊富な個人」になります。転校は自分の意思が入らないで突然起こるものなので、結構しんどさがあります。

結局は中原先生のブログをフックに思い出話を書いただけの感じではありますが、この「チャレンジJ&J」はまたやりますね。

DSC_0723.jpg

関連記事
スポンサーサイト
【2013/01/29 23:58】 | HRM全般 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<プレイフルラーニング的会社説明会 | ホーム | 完全なる治癒>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://jqut.blog98.fc2.com/tb.php/1746-9f16fe29
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |