「物語は、時々、人を救うんだから」 ~SOSの猿 
書評まで書く元気はないので、こんな感じにしておきます。
今日の対話に感謝。
私たちはリアルな物語を生きています。

******************************************************

「分かる、と無条件に言い切ってしまうことは、分からないと開き直ることの裏返しでもあるんだ。そこには自分に対する疑いの目がない」 (p122)

「人っていうのはやっぱり、言葉にして伝えないと相手には気持ちを理解させられないんです。だけど、言葉にするのを省いて、うまくコミュニケーションが取れないと、『どうして分かってくれないのか』と腹が立ったり、『きっと相手は自分をこう思っているのだ』と勝手に先回りをして、怒ったりして、雪だるま式に関係は悪くなっていくんです」 (p123)

「それこそが作り話の効力よ。物語は、時々、人を救うんだから」 (p212)

「人を知るには三つの面があるわけ。一つ目は、外から見える様子。二つ目は、その人が説明してくれた内面の様子。三つ目は、心の中の景色そのもの」 (p225)



SOSの猿 (中公文庫)SOSの猿 (中公文庫)
(2013/01/11)
伊坂幸太郎

商品詳細を見る


関連記事
スポンサーサイト
【2013/02/18 23:42】 | 書籍紹介 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<過剰適応症候群 ~グループディスカッションとダイアローグ | ホーム | 「目次」を作って仕事を「熟成」させる仕事法>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://jqut.blog98.fc2.com/tb.php/1752-cfd7166c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |