『普段とは少し違った視点で、就職活動を一緒に考えてみませんか』~予告編
経営学習研究所(MALL)で私が主宰するラボsMALLラボでは、ただいま5月19日開催予定の「酒場学習論」の申し込み受付中です。実は先ほど確認したところ、既に定員をかなり上回る方の応募をいただくというありがたい状況になっています。

さて、sMALLラボでは、次の企画も決まりました。リリースはまだ少々先になりますが、こちらで先行的に概要を書かせていただきます。

タイトルは『普段とは少し違った視点で、就職活動を一緒に考えてみませんか』。

新卒採用をテーマに取り上げます。開催予定日は6月22日(土)。2014年度の大手企業の選考が一段落ついた頃でしょうか。

新卒採用でいえば、「4月解禁」論が最近は出てきましたね。いつも強い違和感があるのですが、どうして「時期論」が問題を解決するという短絡的な発想になるのでしょうか。

そもそも、どうも就職活動についての論議では「ひとごと」の論調が横行しているように思います。

就職活動の長期化批判、就職活動の早期化批判、学生の大手志向批判、親の過剰な関与批判、企業の横並び思想批判、大学の授業内容批判、対大学のキャリア教育批判……とにかく「批判」ばかりが不思議なほど渦巻いているのがこの世界です。

自らは傷つかず汗もかかない立場から、批判を繰り広げているだけでは、何かを変えてやろうという「うねり」はけして生まれません。もちろん「時期論」だけで何かが解決すると勘違いしていては何も始まりません。
あと、就職活動論議で何とかしなければならないのは、誰もがしたり顔で自分たちの時代を基準にものを語ることです。ビジネスの世界ではありえないことです。20年前の自動車産業はこうだったと今の自動車産業にモノ申して何の意味があるのでしょう。今、を正確に理解せずしてまっとうな議論はできません。

でも、すでに局所的な素晴らしい「うねり」はさまざまなところから出てきています。当日はいくつかの現実の「うねり」を皆で共有しながら、「自分ごと」としてこの問題をとらえ、自分は自分のフィールドで明日から何ができるのか、に思いをめぐらせる時間にできればと思います。

さて、そんな「うねり」の1つである辻太一朗さんの「NPO法人 大学教育と就職活動のねじれを直し、大学生の就業力を向上させる会」についてもこのブログで何回かご紹介しましたが、辻さんがその思いを本にされました。NPO法人の名前も長いですが、本のタイトルも「なぜ日本の大学生は、世界でいちばん勉強しないのか?」と長いです。辻さんのいう、学生・企業・大学の3者間の負のスパイラルについて詳細にかつわかりやすく書かれています。6月22日(土)には辻さんもお招きしていますので、お楽しみに。

なぜ日本の大学生は、世界でいちばん勉強しないのか?なぜ日本の大学生は、世界でいちばん勉強しないのか?
(2013/03/29)
辻 太一朗

商品詳細を見る

関連記事
スポンサーサイト
【2013/04/14 21:25】 | キャリア~学生・就職・採用 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<新入社員研修の日報 | ホーム | イノベーションの大敵は窮乏生活>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://jqut.blog98.fc2.com/tb.php/1773-f9a99105
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |