「普段とは少し違った視点で就職活動を一緒に考えてみませんか」、まずは御礼
本日は経営学習研究所(通称MALL)にて私が担当するsMALLラボ主催による企画「普段とは少し違った視点で就職活動を一緒に考えてみませんか」を開催しました。ちょっと仕事が立て込んだのと、体調不良の時期があったので、準備が中途半端になり、自分としてはけしてまだまだ満足がいくアウトプットではありませんでした。でも、結果的にはそれでも多くの皆様に何かを伝えて終えることはできたようです。ありがたいことです。

ほんとうはたくさん書くことあるのですが、今日は内容についてまで振り返る余裕とパワーがありませんので、運用に関してほんの一部だけ振り返りたいと思います。ちゃんとした振り返りはまたやります。

あらためてワークショップはチームワークだと感じました。そして、経営学習研究所というチームは素敵なパワーをもったチームだと感じました。さらには、私を取り巻く皆様には、今まで以上に感謝して日々を過ごさないといけないと感じました。登壇者の皆様も、参加者の皆様も、学生スタッフの皆様も本当に素晴らしい皆様でした。

私のいけないところなのかもしれませんが、今回のようなある規模のワークショップであっても、ファシリテーターとプロデューサーを自らが兼ねてしまいます。今回などは、岡部理事や松浦広報担当研究員の細部に渡る配慮に満ちたディレクション、板谷理事に受付まわりを土壇場で完全にお任せできたこと、そして何よりも長岡理事(兼事務局長)の全体に渡る目配り・気配りの基づくアドバイスの支援があったので、これがなんとかなりました。さらには、内田洋行の人事の皆様のご協力、登壇者の皆様お一人お一人がまるでスタッフであるかのごとく動いていただけたこと、そして登壇者の皆様からご紹介をいただいた素敵な学生スタッフ4人。誰もが自然と動いていただけるチーム、これは素晴らしいです。そして、私たちはお客様にも本当に恵まれています。最後、一回締めくくった後に、片づけをしながらだらだらと呑んでいるという流れ解散的なしかけにしたのですが、気づくと多くの参加者の方が椅子の片付けなどを手伝ってくださっています。そこには参加者も主催者もありません。本質的にいいのか悪いのかという議論はありますが、本当にありがたいことです。

こんなに中にも外にも素晴らしい仲間を持った経営学習研究所(MALL)は、誕生してまだ1年ちょっとですが、すでに13のイベントを世に送りました。

私としてはこれからも頑張ります。これだからワークショップをやるのは面白く愉しいんです。眠る時間を削ってでも、やろうという気になるんです。でも、今日はこのくらいにして寝ることにします。

※写真は、リアルタイムパブリッシングの制作作業に取り組みつつ、フード・ドリンクの補充具合にも気を配ってくださっていた岡部理事と松浦広報担当研究員の後ろ姿です。今回も内田洋行様の素敵な会場をお借りできました。壁には参加者の皆様から寄せられた、参加の思いが貼られています。

DSC_0066.jpg
関連記事
スポンサーサイト
【2013/06/22 23:25】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<終わってみないと気付けないことに、どうやって早い段階で気づくか | ホーム | 五月病が死語になる>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://jqut.blog98.fc2.com/tb.php/1806-30962c39
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |