行為の動機を行為する:ダンス・パフォーマンスを通してモチベーションを考える ~MALL企画
経営学習研究所の次の企画がリリースされています。

今回はラボ企画ではなく、全体企画のギャラリー・モール。岡部理事がご担当され、コンドルズの近藤良平さんをお招きして「行為の動機を行為する:ダンス・パフォーマンスを通してモチベーションを考える」という、タイトルを聞いただけでワクワクを押さえ切れない企画です。

近藤良平さんといえば、サラリーマンNEOのサラリーマン体操でのお姿を思い出しますが、同じNHKで放映されていた朝の連ドラ「てっぱん」のてっぱんダンスも提供されています。最終回で出演者の皆様も踊っていたあの姿が忘れられません。ということで、たまたま開催日の翌日に「にっぽんお好み焼き協会」の理事会があり上京される予定のため、協会長の佐竹さんにもご参加いただくことになっています。

お申し込み希望の方は、MALLサイトまで。

詳細の案内を以下に引用いたします。

****************************************************

ギャラリーMALL「行為の動機を行為する:ダンス・パフォーマンスを通してモチベーションを考える」

皆さま、いかがお過ごしでしょうか、経営学習研究所の岡部です。
今日は、イベントのご案内があります。
来る7月28日(日)、経営学習研究所企画のギャラリーMALLイベントを開催させていただくことになりました。

今回のイベントは、

【行為の動機を行為する:ダンス・パフォーマンスを通してモチベーションを考える】です。

ワークショップなどに参加している時、ついつい頭で考えてしまって、経験に意味付けてしまうことはないでしょうか?
会社や学校で「この活動には何の意味があるのですか?」と聞く/聞かれることはないでしょうか?
こんな時の私たちは、「経験には意味がある」というアタマ(前提)になってしまっていませんか?

この「とらわれ」自体を、疑ってみませんか?
私たちにとって「経験に意味付けること」、「経験について考えること」は意外に簡単で、むしろ、経験の価値を信じて「考えないこと」の方が難しくなってきているとも言えます。

このたびご登壇いただくのは、
NHK「サラリーマンNEO」内「テレビサラリーマン体操」や同、朝の連続テレビ小説「てっぱん」オープニングダンスを手掛け、今秋、スポーツ祭東京2013の式典演技総演出を担当する舞踊家の

【近藤良平(こんどうりょうへい)さん】

学習心理学がご専門で、「デザインド・リアリティ:半径300㍍の文化心理学」の著者である、横浜国立大学教育人間科学部の

【有元典文(ありもとのりふみ)さん】

です。

今回のギャラリーMALLでは、舞踏家の近藤良平さんのファシリテーションのもと、「考えない」で、即興的にからだを動かす実験的なワークショップを行います。経験を頭で考えるのではなく、身体の経験そのものを行為してみませんか。

このワークショップの「お土産」は頭での理解ではなく、行為の経験そのものです。

お二人のこのワークショップでの企みは、参加者が行為の動機を実際に経験する事です。頭で考えるだけなら誰でもできます。誰もが意欲や動機、プランを持つ事があるでしょう。ただし、そこまでは頭の中での話しです。

頭の中で考えることと、実際にパフォーム(行為)することの間には、0と1位の無限の距離があります。
「小説を書こう!」「ゲームを作ろう!」「歌を歌おう!」と夢想したり動機を持つことは誰でもできますが、実際に作品をつくり抜いたりパフォームすることは、それとは全く別のこと。

行為というのは頭の中に収まった思いとは異なり、対象や、他者や、社会や、現実に、自分の身体ごと向かう事です。それは物理的な作用と、その社会的な反作用です。そのことで空気や、モノや、相手の身体や、そして心が具体的に動き、影響されることです。

つまり世界との交流です。

ついつい「考えて」立ちすくむのではなく、行為の動機に身を任せ、世界に働きかけ、世界を受け止めることの意味と価値を、近藤さんのガイドによってみなさんと一緒に体験したいと思います。

ふるってご参加ください。身体ごと世界と交流しましょう。

■ゲスト:
・近藤良平氏(コンドルズ)(舞踊家、振付家・コンドルズ主宰・横浜国立大学教育人間科学部非常勤講師)
 コンドルズHP http://www.condors.jp/
・有元典文(横浜国立大学)(教育心理学)

■主催
一般社団法人経営学習研究所
http://mallweb.jp/

■共催
北樹出版株式会社

■協力
内田洋行教育総合研究所

■日時
2013年7月28日(日)12時から15時まで。
開場は11時30分を予定しています。

■会場
株式会社内田洋行 東京ユビキタス協創広場CANVAS地下1階 
http://www.uchida.co.jp/company/showroom/canvas.html
JR・東京メトロ八丁堀駅または東京メトロ茅場町駅下車 徒歩5分
※近隣に内田洋行様の別ビルもありますのでお間違いのないようにお願いいたします。

■参加費・定員
お一人様、5000円を申し受けます。
※学生の方は、学生価格2500円でご参加頂けます。当日に学生証をお持ちください。
定員50名
当日はソフトドリンク等の飲料と軽食、お菓子をご用意いたします。

■内容(予定)
11:30 開場(ドリンクや軽食、お菓子をつまんで下さい)
12:00 近藤さんご紹介、近藤さんのファシリテーションのもと、参加者全員で身体を動かします。
12:45 休憩と歓談
13:05 近藤さんのファシリテーションのもと、参加者全員で再度踊ります。
13:50 休憩と歓談
14:10 ラップアップ:ダンス・パフォーマンスを通した「考えないことによる学習」と「行為のモチベーション」について
15:00 閉会

■ 準備等
1.当日はジャージや運動靴などの動きやすい服装でお越し下さい。
 (ラジオ体操が行える程度の服装が好ましいです。)
2. 当日は、更衣室を設けますので、会場にて着替えて頂くことが可能です。
3.貴重品の管理は各自お願い致します。
4.施設内にシャワールームなどはありませんので、各自タオル・制汗剤などご準備をお願いします。
5.運動を行うことによる保険等は各自で加入下さい。
==================================================
■参加条件

申し込みいただいた方には、下記の条件についてご承諾いただいているとみなさせて
いただきます。

1. 本ワークショップの様子は、予告・許諾なく、写真・ビデオ撮影・ストリーミン
グ配信する可能性があります。写真・動画は、経営学習研究所、ないしは、経営学習
研究所の企画担当理事が関与するWebサイト等の広報手段、講演資料、書籍等に許諾
なく用いられる場合があります。マスメディアによる取材に対しても、許諾なく提供
することがあります。参加に際しては、上記をご了承いただける方に限ります。

2. 欠席の際には、お手数でもその旨、 info [あっとまーく]mallweb.jp(松浦)  まで必ず
ご連絡をお願いします。

3.人数多数の場合は、抽選とさせていただきます。7月13日(土)までにお申し込みください。7月15日(月)には抽選結果を送信させていただきますので、あしからずご了承下さい。

4. 本イベントの内容は、一部、『デザインド・リアリティ』増補版に収録されることを予定しております。ご了承下さい。
==================================================
DSC04037-222.jpg

関連記事
スポンサーサイト
【2013/07/06 22:29】 | 経営学習研究所(MALL) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<私は不安を感じないことが一番怖いと思う ~キャリアデザイン学会研究会より | ホーム | 採用はマーケティング、採用は愛>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://jqut.blog98.fc2.com/tb.php/1817-027654f9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |