楽器で笑顔基金  NO!風化!!復興支援ライブ
昨日はペッカー橋田さんが率いるNPO法人「楽器で笑顔基金」の「NO!風化!!復興支援ライブ」にフルに参加してこれました。

「楽器で笑顔基金」は私もほんとにささやかながら設立に絡ませていただいたNPO法人です。その設立趣旨を引用させてください。

 2011.3.11、午後14時46分、東日本の海岸一帯を襲った大地震、それに伴い発生した1000年に一度とも言われる巨大津波は、特に東北の沿岸一帯で、壊滅的な事態を引き起こしたのです。甚大な被害は広範囲で街ごと消滅した地域もあります。そして、そこに住む子ども達も多くのものを失いました。家族、家、友達、学校。そして計り知れない程の大きな心の傷を負いました。
 そして、その傷を癒やしてくれるであろう、「音楽」も失っています。
 入学式で買ってもらったハーモニカも、音楽室のオルガンも、講堂のグランドピアノも、あの巨大津波が押し流してしまいました。
 震災から日が経つにつれて、目に見える大きなモノから順に復旧されはじめています。しかし、目に見えない心の傷はどうでしょうか。どこまで癒やされれば復旧されたと言えるでしょうか?我々は、子ども達が新しい楽器を手にし、音楽を奏でることを心から楽しめるようになるところまでを、心の復興と位置づけ、長い支援を目指すことにしました。
 音楽を楽しむ子ども達のはじける笑顔が、復興のたくましいエネルギーになってくれますように!!


そして、地道な支援をペッカーさんが中心になって続けています。来月早々には気仙沼の中学校でドラムサークルを実施する予定です。あのときの気持ちを風化させないため、継続的に昨日のようなライブも実施しています。

会場はこちら、原宿クロコダイルです。

DSC_0725.jpg

今日は3つのバンドが登場します。たぶん、この機会がなければ私がライブに参加することなどなかったバンドばかりだと思いますが、いずれも好きになりました。

バンドは演奏順に次の3つです。

SUPER PLUS
Cadiluck Bunny
カンタス村田とサンバ・マシーンズ

最初は「SUPER PLUS」。最後の曲で「We are Living together」を皆で繰り返しました。
DSC_0731.jpg

そして「Cadiluck Bunny」。凄く熱く、真っすくでした。
DSC_0734.jpg

最後に「カンタス村田とサンバ・マシーンズ」。すごいです。この乗り。確かにラテンと歌謡曲です。あと、パーカッションの子の飛び跳ねかたが素敵。
DSC_0745.jpg

合間にお手製の募金箱が会場をまわり、楽器を届ける支援を会場中からいただきます。今回は会計士がお休みなので、山中君の仕事でした。

各バンドともに、演奏の合間の語りで、あの震災の直後の気持ちを振り返ります。あの心のざわつき、不安、落ち着きのなさ、そして何か自分にできることはないのかという気持ち、そんな気持ちが呼び戻ってきます。

DSC_0737.jpg


最後の最後はペッカーさんが会場全体を乗りに乗せて、ステージと客席が一緒に盛り上がります。このあたり、ペッカーさんのファシリーションの力は秀逸極まりありません。来月には大阪ににてピート・オブ・サクセスの企画に金井壽宏先生が絡んで大騒ぎの学びの場を創られるとのことです。

こういう場にくると、音楽の力というのをほんとに感じます。私は何一つ楽器は奏でられませんが、こうしてこういう場にくることが支援につながるのです。次回はあらためて初心に戻り、もっともっと大勢の人をこの場に巻き込みたいと思います。そんなことと、ペッカーさんを盛り立てることが私にもささやかにできることなのかと思います。

最後のミュージシャン全員での写真です。この一体感、ほんとに羨ましい限りです。皆様、次回は是非。

DSC_0774.jpg


関連記事
スポンサーサイト
【2013/09/27 22:50】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<「ハイブリッドに考える思考の技法」高津尚志著 | ホーム | お好み焼き教室 in konaフェスタ>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://jqut.blog98.fc2.com/tb.php/1841-a8f3fb90
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |