FC2ブログ
2008年度就職戦線総括~毎コミ
毎日コミュニケーションズが、2009年採用の新卒者採用状況と学生の就職活動状況をまとめた「2008年度 就職戦線総括」を発表しています。総じて、企業の採用意欲は高い水準を維持したものの、採用基準はより「質」重視に転換したと整理しています。

概要としては、

○早期からのセミナー開催が定着
いわゆるオープンセミナーを年内に開催した木々洋画、前年の44.9%から60.3%に増加しています。

○学生はエントリーを絞る傾向が
2007年10月から2008年5月までの累積エントリー数は、前年の81.5件から66.3件に15.2件も減少。文系男子だけでーみると、101.6件から76.6件に何と26.0件も減少しています。

○企業も質重視に転換
採用基準を「前年より厳しくする」とした企業は、前年の12.0%から15.1%と3.1%アップ、上場企業のみに絞ってみると8.6%から15.6%と、アップ率は特に顕著。

早期化の問題を除いては、少し「まとも」になったといえなくもないですが、それでもエントリーシートでの足きり等の構造的な問題は解決できていません。そんな中で、今年も多くの学生と話しましたが、就職活動を彼らはたくましく乗り切ってきています。

先般、私達の今年の研究のために大学生にとったアンケートで、「学生時代で自分の能力・スキルなどの社会人基礎力をもっとも高めるきっかけとなった活動は何か」といった問をしてみました。4年生ではかなりが就職活動をあげるのではないかと思いましたが、意外とかなりの少数。今回のアンケート対象大学が、一橋大学と慶應義塾大学という就職戦線ではかなり有利な大学だったからでしょうか。

毎コミの調査結果を詳しく見たい方は、同社の「毎コミ採用サポネット」をご覧ください。


※《2008年7月19日》 昨晩、岡山に泊まったため、午前中に新幹線で帰郷。夏休みスタート、ということでしょうか。新幹線は超満員です。早めに指定席を買っておいてよかったです。 

ビジネスブログ100選
  ←ブログランキングというのに参加してます。よろしければクリックして一票投票を
関連記事
スポンサーサイト



【2008/07/19 23:00】 | キャリア~学生・就職・採用 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<今年の新入社員は母性的マネジメントを求めている? | ホーム | ストレス対策のためのセルフケア>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://jqut.blog98.fc2.com/tb.php/188-8b64a375
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |