レジリアンスとリデンプション、そしてドラムサークル
精神科医の野口先生と、弁護士の山中先生がタックを組むメンタルコンシェルジュ。メンバー企業向けのセミナーが早くも31回目を迎えました。

毎回、豪華講師ですが、本日登壇されたのは神戸大学の金井壽宏先生。時間を延長して、新幹線の時間ぎりぎりまでお話をいただきました。

テーマは、レジリアンスと、リデンプション。

レジリアンスとは、回復力、柔軟性、打たれ強さ、弾力性、跳ね返す力、そんな感じの言葉です。生きて行く上でのしなやかさ、みたいなものだと私は捉えています。素敵ですね。

リデンプションはさらに前向きな言葉で、超回復とでも訳さないとなかなか訳語がない概念です。もともと宗教的な言葉だそうで、贖罪、神へのあがない、といった言葉のようです。うーん、イメージがこないのは、宗教心のなさからでしょうか。落ち込むけど、元よりももっと戻るという感じの回復です。前の水準よりも柔軟に戻る、ある意味、修羅場を糧にして成長するようなこととつながるのかと感じます。

久しぶりに、自分のイキイキチャートをつくりました。7日間のものと、一生のものの2つを作りましたが、実はすごい気づきがありました。終了後、残業に戻りましたが、無理を押して行って良かったと実感しています。

いつも新入社員研修で思うこと。自分で自分のやる気を自己調整する力を身につけてほしい、ということがあります。モチベーションがずっと高い人は普通ではありません。誰しも、アップダウンがあります。どんなときに自分がアップして、どんな時に自分がダウンするのか、それを理解して、ダウンしたとき、ダウンしそうな時にどうすればいいのか、そんなことを考える中から、何かをつかみとって欲しいと思っています。それが、生きる強さにつながります。

帰り際に、金井先生とペッカーさんのドラムサークル談議をしました。もっともっとドラムサークルの魅力を言葉だけで知らない人に上手に伝えられないものか、これがテーマです。昨年は結局、企画ができませんでしたが、今年は何とか新たな感覚でペッカーさんを引っぱり出したイベントをしたいと思っています。お愉しみに。ということで、今日の写真は1年半ほど前に経営学習研究所(MALL)の自分のラボの初企画「MALL☆ドラムサークル」からのペッカーさんの笑顔です。

_MG_0121.jpg
関連記事
スポンサーサイト
【2014/01/09 23:59】 | キャリア~全般 | トラックバック(0) | コメント(5) | page top↑
<<最近、気に入っているメルマガ2つ | ホーム | 蔓延する問題解決症候群とどう戦うか>>
コメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2017/06/05 16:30】 | #[ 編集] | page top↑
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2017/08/16 06:33】 | #[ 編集] | page top↑
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2017/09/08 12:25】 | #[ 編集] | page top↑
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2017/09/08 23:11】 | #[ 編集] | page top↑
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2017/09/30 06:16】 | #[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://jqut.blog98.fc2.com/tb.php/1883-367c80a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |