ダイナミックプロセス型キャリアを組み込んだキャリアの定義
慶應MCCにて、花田先生のスーパービジョン&終了後に新年会&出版記念会。

スーパービジョンの前半では配布していない資料に言及するなど、なかなかいつもの感じで進みましたが、ディスカッション後の後半では、何と配布されたレジュメの順番にお話をされるという、これまで経験のないパターンでした。いつもはあっち飛んでこっち飛んでなのですが。昨年の本もそうですが、語られる内容が最近はとてもわかりやすい……、もちろん慣れたからというのも大きいとは思いますが、キャリアアドバイザー養成講座に出ていた頃の、????ばかりの日々がまた懐かしくも思えます。そんな日々から、早10年になります。

今日のお話は、ここでも何回かに分けて整理したいと思いますが、キャリアアドバイザーの役割自体が環境変化に伴って進化を余儀なくされているのが実感できます。

今日は、今回お話をいただいたダイナミックプロセス型キャリアを組み込んだ「キャリアの定義」を書き残しておきます。様々な方がキャリアの定義を語っていますが、この定義はかなり腹落ちするものです。

「キャリアとは、ワークライフインテグレーションの軌跡(過去)とロードマップ(将来)の道筋であり、人生を能動的・ポジティプに生きること、生きざま」

「キャリアとは、過去・現在・将来に渡り、自分自身への継続的な気づきを通して、自己の保有している多様な可能性の発揮を、多様な局面で実践し続け、自分らしさを発揮するプロセスであり、新しいライフスタイルの構築」」

ダイナミックプロセス型キャリアにおいては。ブランドハプンスタンスが重要になるとの指摘がありしまた。そして、これには二面性があり、何が起こるか分からないことへの準備という側面と、自分自身の意思決定・行動の後で、起こってしまう予期せぬ結果に対する能動的な対処という側面です。これには自分自身が責任をもって対処していかなければなりませんが、特に後者に対してはキャリアアドバイザーが支援する余地は多々あるのかと感じます。

「世の中は、自己実現やキャリアアップの獲得を可能にするほど甘くなく、むしろ残酷で、理不尽で、矛盾に満ち、そして予測不可能」
「その中で自分の可能性に向かって努力、自分の可能性を拓くという姿勢が重要になる」
「生きる目的とは何かを考えるのではなく、今生きているという現実に立ち、そこで自分らしさを発揮し続ける意識や行動が重要に」

今日のレジュメにはこんな言葉が並んでいます。今を真剣に、必死に生きることが未来を切り拓く只一つの方法だということが感じられます。「残酷で、理不尽で、矛盾に満ち、そして予測不可能」などというと、学生が就活をさらに恐れてしまいそうですが、これは間違いのない事実です。だからこそ「能動的に、ポジティプに」生きれるようにしていく必要があるのでしょう。でも、このパワーの源はどこからくるものでしょうか。これは、明らかに1人ひとり異なります。方程式はありません。このパワーの源をおぼろげながらも自分なりに理解することが、キャリアを切り拓くにあたって大切なんだと感じます。時間レンジの違いはありますが、先週、慶應MCCのまさに同じ部屋で金井壽宏先生が語っておられたモチベーションの自己調整にも近いところがあると感じます。

1390056584501.jpg
関連記事
スポンサーサイト
【2014/01/18 23:50】 | キャリア~全般 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ダイバーシティ開発における合理的配慮 | ホーム | いただいた言葉>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://jqut.blog98.fc2.com/tb.php/1887-0cf25af7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |