シェアードサービスの光と影 ~私的シェアードサービス論(シェアードサービス経営者交流会議)①
私が尊敬する呑み手の倉嶋編集長のブログは、相当な時間差があり、ようやく最新のブログでクリスマスあたりの「まるます家」の壮絶な吞み会がレポートされていたりします。これが妙にいい感じです。これをまねているわけではないのですが、だいぶ書けずに残っているものがあり、少しずつ追いつきたいと思います。

ということで、先月28日の金曜日のお話です。
企業研究会が主催するシェアードサービス経営者交流会議、こちらでお話をさせていただきました。私は非常勤で特例子会社の代表をしていますが、そちらにシェアードサービス的な要素をもっと入れていくのは課題であり、自分にとってもタイミングの良い機会でした。

講演のタイトルは「シェアードサービスの光と影 ~私的シェアードサービス論~」、とても情緒的なタイトルです。
メニューは以下のようにしました。なんだかわかりませんね。

①.シェアードサービスと私~自己紹介にかえて
②.シェアードサービス、愛と追憶の日々
③.シェアードサービスの浸透と拡散
④.外から感じるシェアードサービス
⑤.おしまいに

で最初の自己紹介だけでスライドが13枚あります。私のシェアードサービスとの出会いは2000年7月です。当時所属していた会社が持株分社をすることになり、そのプロジェクトの人事パートの事務局を担当することとなりました。分社後各社の賃金制度を考えたりする仕事の傍らで、分社後の人事機能をどのような体制で担うかが検討課題にありました。そこでみつけたのが、シェアードサービスというマネジメント手法です。何はともあれ、これだと思い、当時分社経営をしていた数少ない企業を訪問したりするのにつれて、この思いは確信に変わりました。しかし、シェアードサービス化のネガティブな局面なども感じたりした結果、持株会社内に人事シェアードサービス機能を置くという結論に至りました。いまでも当時の判断は良かったんだと思います。

そして、1年後の2011年7月に分社施策は実行され、人事シェアードサービスができます。設立前に強く意識したのは、ミッションの明確化とブランディングです。正式組織名が人事給与事務センターというやる気も何も出ない名前になってしまったため、正式名称を使うのはやめ、J-centerという愛称を前面に打ち出すことにしました。実はこのブログのタイトルもそこからとっています。

当時、基本思想を整理するのに使用していたキーワードはだいたい下記のようなものです。

・品質管理、コスト管理、モチベーション管理がSSCの命
・最小限の内部人材と外部リソースの徹底活用  ・取材大歓迎
・意識的なブランド戦略   ・ローテーションと多能工化
・詳細の契約&請求書    ・ミスは返金、提出遅延は追加料金 
・毎週全員面談       ・仕事はお祭り騒ぎ、打ち上げは文化
・外との交流を徹底推奨   ・面白い仕事を持ってくる

次の仕事はシステムの入れ替えです。当時はまだホストで給与計算をまわしていたので、分社後に各社の給与体系が変わっていくのに対応するのは厳しいだろうとの想定で、パッケージを入れることとし、R/3とジェネラリストとの最終コンペの末でCOMPANYの導入を決めました。会社全体はR/3のビックバン導入を決めたときだったので、R/3にせよとの圧力を強く受けましたが、何とかはねのけました。当時のCOMPANYは人事担当者でパラメーター管理や諸設定が可能でした(よい時代でしたね)。システム部門にはネットワークとサーバなどの面で頼るだけでよかったのです。今では、COMPANYの給与もシステム担当者抜きではまわせないようですが…。

何となく昔話が長くなりそうです。明日に続きますね。

225.jpg
※J-centerビールです。ホッピービバレッジ社にお願いして同社の地ビールで創っていただきました。
関連記事
スポンサーサイト
【2014/03/17 23:57】 | シェアード・サービス | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<シェアードサービスの光と影 ~私的シェアードサービス論(シェアードサービス経営者交流会議)② | ホーム | 「研修開発入門」中原淳著 ~書籍紹介2014-02~>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://jqut.blog98.fc2.com/tb.php/1910-c138d2d7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |