シェアードサービスの光と影 ~私的シェアードサービス論(シェアードサービス経営者交流会議)③
企業研究会の「シェアードサービス経営者交流会議」で「シェアードサービスの光と影 ~私的シェアードサービス論」なるタイトルで講演をさせていただいた思い出話(?)を書き連ねています。

昨日・一昨日と自分とシェアード・サービスの関わりを語ってきましたが、今日は外に出てみて感じるシェアード・サービスについて整理をしてみます。外からみてみると素朴な疑問がいくつも出てきます。題して「外からみたシェアード・サービス:シェアードサービス素朴の8つの疑問」です。当日のPPTの内容をそのまま引用します。

シェアードサービス素朴な疑問① 外販への取り組み

外販を目指してきたSSCは多い。外販はグループ全体の連結収益と連結利益の増大に貢献し、外販による業務量の増大は業務一単位あたりのコスト削減の可能性をもたらす。また、社員のモチベーション向上にも寄与しうる。
↓↓↓↓
外販に耐えうるような人材は、おそらくSSCの中でもエース級の優秀な人材になってしまわないか。そのような人材をなぜ自社グループの価値向上のために働かせず、いくばくかの利益と引き換えに他社グループの価値向上のために働かせるのか。

シェアードサービス素朴な疑問② 企画・戦略支援機能の取り込み

管理間接部門の効率化を目指すシェアードサービス子会社が管理部門や企画部門といった管理間接部門を持つことの意味がよくわからない。本体の戦略支援機能まで取り込もうというのも、またよくわからない。
↓↓↓↓
二重天井の非効率は生じないのか。SSCが100%すべての企画・戦略機能を取り込めればいいが、本体にも少しでも残るのであれば、階層が1つ増えるだけではないか。

シェアードサービス素朴な疑問③ 本体からの出向者がグループ会社の業務をやること

多くのSSCではプロパー採用を進めているが、本体からの出向者もまた少なくない。特に幹部社員は、大半が本体からの出向者であろう。
↓↓↓↓
賃金水準の高い親会社からの出向者が、賃金水準の低いグループ会社の業務を担当していることの意味がわからない。本当に必要な人材以外を受け入れざるをえないこともあるだろう。SSCに何人も経営陣が必要なものだろうか。

シェアードサービス素朴な疑問④ プロパー社員は本体ビジネスに愛着をもっているか 

SSCでもプロパー社員の比率が増えていく。これらのプロパー社員は、本体の会社に就職したという意識はなく、自社の製品やサービスについての知識をあまり持たないのが普通だろう。
↓↓↓↓
どんな職場で働いていても、自社の理念、ビジネスモデル、商品、サービスを知り、愛しているから、愛着のある仕事ができるはず。SSCの社員はスーパーで自社製品の指名買いをしているか。乱れた陳列棚を整理整頓しているか。

シェアードサービス素朴な疑問⑤ SSCは競争にさらされているか

本体がSSCに業務を依頼する際にコンペは行われているか。継続的に価格引き下げ交渉にさらされているか。
↓↓↓↓
日常的に競争にさらされていない組織が、自ら徹底的な効率化・コストダウンを図った例を世界の歴史は知っているだろうか。競争環境にあることが、組織には間違いなく必要なのだ。

シェアードサービス素朴な疑問⑥ 無理に小さなグループ会社を取り込むのに何の意味があるのか

最初は本体の業務を吸収する。次に主要グループ会社の業務を吸収する。それが終わると、小さなグループ会社はどうするかといった課題にぶつかる。誰がどう考えても効率的ではないのだけれども、やるのかやらないのか。
↓↓↓↓
大規模会社の給与業務を効率的にまわすノウハウと、小企業の給与業務を効率的にまわすノウハウは、間違いなく異なる。これを一緒にまわすことには意味があまりない。ただ、大切にすべきはシェアードサービス会社の設立目的と、設立理念。判断のよりどころはあくまでもここになる。

シェアードサービス素朴な疑問⑦ SSCが親会社からの依頼を断ることはありえるのか 


SSCの親会社は最大の(場合によっては唯一絶対の)顧客。ここからの依頼を断ることができるか。
↓↓↓↓
SSCは何のためにあるのかという問題に立ち戻るが、いずれにしても疑問⑦の解は明確であり、トータルでみて顧客にもマイナスであるような依頼については、丁寧に説得してでも断るべき。そうでなければ可能な限り頑張るべき。基準は自分ではなく顧客。ほかの商売関係と基本は同じではないか。

シェアードサービス素朴な疑問⑧ SSCのプロとは何か

給与計算のプロはいるだろう。業務設計のプロもいるだろう。それでは、SSCのプロとはどんな人をいうのか。
↓↓↓↓
これだけ多くの組織が日本中に存在し、それに従事する人がいるのだから、SSCのプロという整理もできるはず。アウトソーサーにおけるプロとの違いは何になるのだろう。いずれにしても、アイデンティティを明確にする作業になる。

そして私からの最後のメッセージは以下の一文です。

一瞬であってもSSC自身の存続と発展が自己目的化してしまってはSSCの存在自体が経営においてリスクになる

でもSSCの社長はSSCプロパー社員と家族の幸せを考えなければならない立場でもあるのです。この板挟みには強烈なものがあります。そして、まったく同じことが障害者特例子会社にもいえています……。ただ、特例子会社というのは、障害者法定雇用率によって、ある意味では存在意義が守られていますが、それがないSSCの経営者のつらさは実によくわかります。シェアードサービスを離れて10年近い者が勝手なことを現役のトップの皆様に語らせていただいた会でしたが、私にとってはほんとうによい刺激になりました。

実は私はシェアードサービスというマネジメント形態は早晩なくなるのではないかと思っていましたが、どっこい今のところはそんなことはありません。現場で力一杯頑張っている皆様がいるからこそのことです。

1394973214052.jpg
※懇親会終了後のお台場の夜景、その2、て感じ。
関連記事
スポンサーサイト
【2014/03/19 23:58】 | シェアード・サービス | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<最終面接とそれ以前の面接との違い | ホーム | シェアードサービスの光と影 ~私的シェアードサービス論(シェアードサービス経営者交流会議)②>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://jqut.blog98.fc2.com/tb.php/1912-b2876595
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |