開寮式しました~コンソーシアム型独身寮「月島荘」
私のいる会社は法人立ち上げが2000年のまだ歴史が必ずしも長くはない会社ですが、今年、初めて新卒社員向けの独身寮をつくりました。

独身寮をつくるにいたった理由は3つです。

まずは、次年度差から新卒採用数を倍増しようということになり、地方からも多くの学生を確保したい、採用をもっと全国的に拡げたいというニーズがあり、そのインフラとして必要性が高まったというのがあります。

次に、たまたまある晩、残業後の時間帯に新入社員と帰り道が一緒になり、少し話をしていると、1人暮らしにおける様々な不安を聞き、寮でも作らなきゃなぁと漠然と思っていたことがあります。

そしてなんといっても、去年の秋のある日、「人事部長宛」に送付されたDMをみて、これは面白い、独身寮を作るならこういうのじゃないと意味がないと思ったこと、DMを見るやいなや電話をし、見学の希望を入れました。この3つがほぼ同時、並行的に発生し、即、決断しました。

そのDMの物件が、コンソーシアム型独身寮「月島荘」です。前回の「日本の人事部」主催の「HRアワード」も受賞されましたね。一言で言うと、シェアハウスが寮になったような物件です。1人ひとりの部屋はけして広くはないのですが、豊富すぎるくらいに共有スペースがあります。各部屋には調理用のキッチンは一切設置されず、調理や食事は1階にあるABCキッチンでもできるようなスペースか、各フロアにあるキッチン付の共有スペースで飲食をします。共有スペースとして、学習スペース、図書館スペース、ジムスペースまであり、ちょっと過剰サービス?と感じなくもないほどです。ちなみに居室にはバスもなく、風呂も共有です。

ここに現在17社の社員が居住しています。あえて外国籍社員のみを居住させている企業あり、国籍もバラエティに富んでいます。日々、違う会社のビジネスパーソンと、語らえる環境があります。

ここの共有スペースには、レストランス的なペースもあり、こちらを貸し切ってデリバリーを使って、今週の水曜日には「開寮式」を行いました。式といってもパーティです。研修中の新入社員と2年目の先輩がすでに居住していますが、会社間の縦の関係だけでなく、タイバーシティあふれる関係を容易につくりながら、寮生活が送れるのは魅力です。そして、通勤時間も短く、セキュリティも強固です。

開寮式の翌日に新入社員代表からの御礼メールを皮切りに、メールが行きかっていましたが、2年生の先輩社員のメールにとても感動しました。ここで育ったメンバーが、何かを切り拓いてくれると本当に嬉しいです。

DSC_0790.jpg

新規 Microsoft PowerPoint プレゼンテーション (3)


関連記事
スポンサーサイト
【2014/04/12 09:17】 | HRM全般 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<キックオフ2014『進化するキャリア、人事、組織にむけて』 | ホーム | 愛嬌力~教えられ上手の新入社員になるために>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://jqut.blog98.fc2.com/tb.php/1921-697b187d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |