社会に出て経験する壁
とてもベタなんですが、新卒新入社員研修で「社会に出て経験する壁」という話を必ずしています。この壁には2段階があります。最初の段階がこれです。

社会に出て経験する第1の壁
  1.リアリティショックの壁
  2.曖昧な基準の壁
  3.多様な価値観の壁

これは社会人の皆さんであれば、特に説明は不要かと思います。参考までに、やはり2年前のこの時期に書いたブログを参照しておきます。
新入社員研修は、これらの壁をきちんと認識させ、対峙させ、低くさせることができるように設計されています。現場に出る前に、研修の中でこれらの壁を理解し、乗り越える術を得られるようにします。もちろんすべてについて安心できるレベルまで達することは難しいです。あと、実はこの3つの壁は大学生活の過ごし方を少し変えるだけでも、低くしておくことができます。内定が決まった段階ではそんな話もしています。

社会に出て経験する第2の壁
  1.要領の良さが通用しない
  2.自分からの発信ができない
  3.PDCAサイクルが回せない

こちらはもう少し難しいです。大学時代、そこそこ要領が良かった人こそが注意です。社会ではそこそこの要領では戦えません。天下無敵の要領の良さでもあれば別ですが、そこそこの要領で乗り切ってきた人こそが苦労します。ですから、そういう感じの人については、要領では通用しないことを研修のうちに実感させ、マインドを変えるきっかけをあげる必要があります。不幸なのは、研修も要領で乗り切ってしまった場合です。こういう新入社員は、たいていは現場では「立ち上がりが早い」と評価されます。ただ、要領でいけるのはそこまでです。ある時期から伸び悩み、気づいてみたら元気がなくなっているというケースもあります。ここは周囲がどうみてあげるかです。
自分からの発信については、とにかく新入社員研修の中では何度もチャレンジする場をつくります。それでもなかなかできませんし、やりません。必要なことはわかっているのになかなかできないのです。最初は教えられたことを覚えるので精いっぱいの新入社員ですが、いずれ「お前はどう考えているんだ」と問われるようになります。発信をするには、自分の考えを持たなければなりません。これは意識で少し変えることができます。
PDCAサイクルについては、日本中の会社が新入社員研修で取り扱います。最初はなんとなく回しているつもりになるのですが、実際に現場にでるとその難しさを再認識します。研修のときみたいに、課題が単純ではないからです。同時並行的に様々なことが現場では起こります。研修でもそのような設計をするカリキュラムを入れるには入れますが、そのリアルさにはやはり差があります。

当社の新入社員研修もあと1週間です。この4月は街のあちこちで新入社員らしき集団を見かけました。でも、5月になり日が経つにつれて、そんな姿を見かけなくなります。いつの間にか、新入社員が先輩たちに同化していき、見掛け上、区別がつなかくなっていくのです。そうやって、日本の夏が毎年やってきます。

20121124_132321.jpg
※なんとなく壁っぽい写真。宇都宮にて。
関連記事
スポンサーサイト
【2014/04/26 17:33】 | キャリア~学生・就職・採用 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<MALLでの組織開発の話、花田先生のキャリアアドバイザーの話 | ホーム | 見込み管理 ~優秀な営業だけの話ではない>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://jqut.blog98.fc2.com/tb.php/1925-f127ebc5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |