HRダイアローグの会、そして
6月の遡りプログ、続きます。6月17日。

この日は学習院大学にてHRダイアローグの会。
有楽町から目白はとても遠いです。まるで日本とブラジルみたいな位置関係です。

昨年の夏の会から3回続けて日本の人事部が主宰する「HRカンファレンス」にて新卒採用テーマのダイアローグ・セッションを担当させていただいています。2回目と3回目は、大学のキャリアセンターの方にも参画いただき、大学と企業が一緒にセッションをするという企画にしてみました。

新卒採用の世界では、どうもヒトゴト批判がまだまだ渦巻いているところがあります。政府が勝手にスケジュールを変えるからうんぬん、大学側の教育が悪いからうんぬん、企業が身勝手な採用活動をしているからあれこれ、ゆとり世代の大学生がどうのこうの………、これでは何かが生まれるわけがありません。どうしてもヒトゴトなんです。何といっても、すべての社会人は二度と新卒採用をすることがないので、ヒトゴトになってしまうのはちょっと致し方ないところもあります。ですから、よほど意識をしなければなりません。
で、大学と企業の双方から登壇者が出て、参加者も双方からという企画にしたわけです。

冒頭に書いた「HRダイアローグの会」というのはそのスピンオフ企画です。連続参加をしてくださったお2人が幹事役になっていただき、過去の参加者とこのテーマに興味のある方を集めて、ダイアローグをする場を創ってくださいました。最初は単なる吞み会としてやったのですが、今回はワークセッションと吞み会セッションからなる「ちゃんと」したものです。これは熱意のある幹事役がいないとできないことですね。ありがたいことです。

これは多分、肌感覚ではもうないリアルな事実だと思うのですが、新卒採用をテーマにしたこのような自然発生的で企業横断的な会がもの凄く増えているように感じられます。私のFBのタイムラインだけ眺めていても、相当な頻度でこの手の会が開催されています。学生をからめたものもあります(学生をからめるものには、ちょっと胡散臭げなものもありそうなので要注意ですが)。

おそらく日本の新卒採用は変わります。
昨年の6月に経営学習研究所(Mall)でもsMALL Lab主催で 「普段とは少し違った視点で就職活動を一緒に考えてみませんか」というイベントを開催しましたが、その最後に「コップの水がこぼれるまであとわずかかもしれない」と伝えましたが、まさに表面張力が崩れて水が少しずつこぼれ始めている、つまり抜本的に日本の新卒採用が変わる兆しが見え始めているように感じています。

その起爆剤となったのは、2016年度採用からの採用時期の強制的な変更です。政府の思惑にナビ・ベンダーが追従して実現したことですが、今までとスケジュールを根本的に変えるくらいだったら、採用活動のやり方自体を根本的に変えてやろうという思いを強くもった採用担当者が相当数、出て来ているわけです。ただし、まだ大手・老舗企業にまでは拡大している現象ではなく、それらの企業は相変わらず、意味の薄い夏のワンデー的なインターンシップに凌ぎを削っています。インターンシップ実施企業は昨年よりも大幅に増えているそうです。

さて、「HRカンファレンス」でやったイベントは、大学と企業が一緒に就職活動/採用活動を考える場をつくるという役割は果たせたと思うのですが、実は大変に重要な登場人物が欠けていました。
それはいうまでもなく当事者そのものである「学生」です。

ということで、さっそく学生も交えた企画を立案しました。経営学習研究所(Mall)sMALLラボが主催する「内定時期というトランジションを考える ~教室から社会へ、内定時期というトランジションをどうデザインするか、皆で考えよう」がそれです。多くの皆様のご協力のおかげで、いよいよ明日の開催です。魅力的な7つのショートプレゼンと、50名強の参加者が、このテーマを皆で深めて行きます。運営スタッフの学生、飲料提供を担当していただけるホッピー社の若手社員の皆様も、もちろんMALLの理事も、明日は皆が登壇者というモードで進めたいと思います。

もっともっと新卒採用テーマでは、このような企画が世の中をきっと埋め尽くしていきます。学生が早いうちから自然と社会人とふれあう場も増えて行きます。そして、想いのある企業の担当者たちが少しずつ日本を変えて行くはずです。

DSC_0066.jpg
※昨年の 「普段とは少し違った視点で就職活動を一緒に考えてみませんか」の様子です。今年はどうなりますやら。
関連記事
スポンサーサイト
【2014/07/05 23:19】 | キャリア~学生・就職・採用 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<「内定時期というトランジションを考える」~今日はまだ振り返りではありません… | ホーム | 京城の会 ~COMPANY関西ユーザー会>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://jqut.blog98.fc2.com/tb.php/1956-a6b1e755
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |