学んだことはすべて残っている
とある大学の学内インターンシップ・コースでお話をさせていただいたのですが、それに対していただいた感想に、『今日のお話で一番印象に残ったことは「学んだことはすべて残っている」ということでした』という言葉がありました。

どうも、学校の勉強と将来のことがうまく結びついていないというか、完全に切り離れてしまっているようです。勉強しているのは卒業のため、その中でも少し一生懸命に勉強しているものは、単に自分が興味のあることばかり、就職活動と勉強は結びつかないしなぁ、そんな気持ちのようです。

そうではなく、学ぶことはすべてにつながる、すべてに拡がると、いうことを感じられると、日々の学びの質も変わってくるように感じますし、少なくとも合目的的過ぎる学びや、やめてほしいようなキャリア教育が色あせてみえるはずです。

試験でフィニッシュするような学びではなく、もやもや感を持ち続ける学びの醍醐味を感じることもできるでしょうし、学び続けることができる力が、実は世の中を生きて行く最大のセーフティネットなのかもしれないということも次第に理解できるかもしれません。

もっともっと多くの人に、学ぶ楽しみを理解していただくことは、ライフワークの1つかもしれません。

20130317_122636.jpg
※今週は検査がすべて終わるまで呑まないことにしたので、せめて写真だけでも飲み屋。朝のたつや@恵比寿。
関連記事
スポンサーサイト
【2014/08/18 22:38】 | キャリア~学生・就職・採用 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<上司がメンバーに質問をするとき | ホーム | 企業と学生のコミュニケーションという言葉の定義の違い>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://jqut.blog98.fc2.com/tb.php/1974-ab818e68
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |