普通じゃない、というのが最高の褒め言葉になる社会
結婚式でした。

経営学習研究所(Mall)の若手メンバーである、牧村さんの結婚式でした。

奇をてらわないけど、随所に普通じゃないものが散りばめられている素敵な「場」でした。

最後に新婦が挨拶していたこと、少し厳密にはメモできていないかもしれませんが、書き残しておきます。

「似ているところは、うんうんと、共感。違うところは、へえーと、発見」。

この言葉の素敵さが伝わるでしょうか。

今日の式を通じて、改めて感じたことは、普通じゃないことが素敵だという社会になって欲しいなぁということです。いろいろな人がいます。普通な人も、それはそれで立派です。でも、普通じゃない人、それって大切だなあということです。普通じゃないことをやっているということ、それって大切だなぁということです。そして、みんなが普通じゃないことをやらないと、世界は面白くならないということです。

「普通じゃない」というのが、最高の褒め言葉になる社会、その実現のために少しでも何ができるかなぁ、自分の役割の1つだと思っています。

DSC_2835.jpg
関連記事
スポンサーサイト
【2014/09/06 21:59】 | キャリア~全般 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<楽器で笑顔基金~Pescado de Oro 気仙沼ライブ2014.09 第1日目 | ホーム | 二分論的職業選択意識を超えて ~関西インターンシップから>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://jqut.blog98.fc2.com/tb.php/1984-c694025b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |