面接学が語るもの
部屋の中が資料だらけです。
しかも、整理がされていないので、なかなか見つかりません。
たまに整理をして、大量に資料を捨てるのですが、たいてい捨てた資料に限って、捨てた2週間後くらいに必要になります。今回もまさにそうでした。7年も捨てずに持っていた資料をもういらねえなと捨てたら、必要になりました。因果なものです。で、捨てる前に、必要なエッセンスだけ、ここに残しておけば後悔しないんじゃないかと思い、ためしに1つ書いてみます。

もう10年ちょっと前に、ある採用ベンダーからいただいた資料です。資料には「面接学が語るもの」とあります。面接学というと、臨床心理っぽい感じを受けますが、ここでは採用面接のお話が書かれていました。

◆ウエブスターの研究

面接される人の言動は、非常に大きく面接する人の言動によって左右される。面接する人が「ネガティブな心象」を持つと、面接態度が消極的になり、冷たくなり、批判的になる。その結果、面接を受ける側は、怯えや不安に陥り、答えがしどろもどろになる。この責任は誰にあるのだろうか。

◆キーナンの提言

カウンセリングの領域で開発された多くの技法がある。その技法はすべてよい面接にとっても欠かせないものであり、面接される人のベストなものがあらわれる。
 (1)あたたかいマナー
 (2)目をまっすぐ見る
 (3)しばしばうなずく
 (4)真剣に聞き、真剣に話す
 (5)批判を控え、共感を捜す
 (6)リラックスし、愉しむ

◆難しいことをやさしくわかりやすく言える人は賢い

◆充実した楽しい会話ができる人は対人能力が高い

◆選考プロセス全体の考え方
 Ⅰ.落とす …キーワードは後味
 Ⅱ.見極める …キーワードは客観的
 Ⅲ.採りにゆく …キーワードは好き嫌い

読んでいて、「面接官ハンドブック」を作りたくなりました。年末年始にでもつくるかなぁ。

採用といえば、ダイヤモンドオンラインでの連載「採用は愛とマーケティング」の2回目がリリースされています。
たまたまですが、テーマは面接です。書いてみると、これでいいのかなぁと思うことがたくさんあります。書くこと自体がリフレクションになっているということです。

新規 Microsoft PowerPoint プレゼンテーション

関連記事
スポンサーサイト
【2014/10/25 22:39】 | キャリア~学生・就職・採用 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<マネージャーの2つの責任と、介入の難しさ | ホーム | 第6回お好み焼き検定」は、11月16日(日)に開催されます>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://jqut.blog98.fc2.com/tb.php/2003-704df175
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |