3年目キャリア研修
土曜日に新卒3年目キャリア研修なるものを初めて実施しました。

何せ新卒がマイノリティの企業ですので、このような取り組みは遅れていましたが、自画自賛的な評価ではありますが、やってよかったなぁと実感はできています。キャリアという名前がどうかなぁという気はあったのですが、それらを含めて、まずはよかった、よかった、かなと思います。関係者の皆様、とってもお疲れ様でした。

ところで、新卒3年って何なんでしょうか。

多くの上司、先輩の方が、入社まだ1~2年の若手から、「この会社辞めたいんです」「今の仕事、変わりたいんです」といった相談を受けた場合、「3年は頑張ってみろよ」とか、「とにかく3年我武者羅にやってみてから考えてみろよ」みたいな言葉を返していると思います。

なぜ「2年は頑張ってみろよ」や、「4年は頑張ってみろよ」ではなく、「3年」なのでしょうか。

別に世の中全体で示し合せていっているわけではないですから、これには何か意味があるはずです。言葉にならなくても、ビジネス界の先達として、「3年」という期間にある何かの実感めいたものを皆が持っているんじゃないかと思います。

「石の上にも3年」ということわざもあるくらいですから、これは最近のビジネス界で始まったことではなく、結構、普遍的なものなんだと感じます。ビジネスのスピードが昔より格段に早くなっても、第2新卒の採用マーケットが大幅に拡大しても、この「3年」は「2年」には縮まりません。不思議なものです。

今回の研修の中で、参加者全員のこれまでの2年9カ月を聞いてみると、ほんとに山あり谷ありです。素敵な経験にも修羅場的な経験にもそれぞれが遭遇しています。その意味では、私のいる企業は、やり方をしっかりとすれば現場で人が育つ企業なんだとあらためて実感をします。そんな山や谷を一通り何度か、皆が経験するには、やっぱり3年くらいかかるのかもしれませんし、それをリフレクションできるようになるには3年くらいかかるのかもしれません。この研修は来年度もやるつもりなので、「3年」についてはさらに考えていってみたいと思います。

ところで、「3年目の浮気」というヒット曲がありました。ヒロシ&キーボーです。
その2番煎じとして「5年目の破局」という曲が出ましたが、こちらはそれほどは売れませんでした。

若手社員の退職の理由というのは、細かく分析するといろいろありますが、大きくくくると
  「このままでいいのか」
  「このままいつまで続くのか」
のどちらかに収れんされるものです。

前者は、慣れ切って成長が止まってしまう危機や、マンネリ感、緩い日々、単調な日々、同じような生活の繰り返し、などが背景にあります。後者の場合は、仕事がきつかったり、人間関係がきつかったり、労働時間や労働環境が自分の価値観と合わなかったり、というパターンが中心です。

3年くらいで、「このままでいいのか」「このままいつまで続くのか」という感じが強いと、「3年目の浮気」の気持ちになり、あたえられた猶予期間のうちに、それが改善されないと、結局は「5年目の破局」に陥ります。これも、結構、普遍的なことのように感じます。ただ、往々にして、人は今が猶予期間だということに、気づかないものなのです。

DSC_2141.jpg


関連記事
スポンサーサイト
【2014/12/14 16:25】 | HRM全般 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<架空の人事部長就任プレゼン | ホーム | 第6回お好み焼き検定、合格者発表されてます!!!>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://jqut.blog98.fc2.com/tb.php/2021-d796ceb9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |