まるます家でひらく出版記念吞み会ができるのは溝上さんだけ
先週の話が続きます。

人事担当であれば、きつとどこかでその文章は読んだことがあるはずの労務ジャーナリスト、溝上憲文さんは、光栄なことに呑み仲間なのですが、今回、キャリアデザイン学会の「キャリア・ライブ」に登壇するように引っ張り込みました。

*****************************************************************
キャリア・デザイン・ライブ! 第二回
2015年度から、夕刻の研究会の“スタイル”を新しくします。これまで報告と質疑応答というスタイルでしたが、
短い報告の後に対談の時間を挟んで、参加者を交えての議論にいたしたいと思っています。
皆様、ライブを楽しみながら勉強をしましょう。

第二回のゲストとテーマ
溝上 憲文氏(人事ジャーナリスト)
「労働時間から考える働くこととキャリア形成について」
*****************************************************************

この交渉吞み会というか、打合せを日本橋で日本酒のラインナップが素敵な店でやったのですが、その際に溝上さんが出版をされた 『2016年 残業代がゼロになる』(光文社、2015年) の出版記念パーティをやろうという話になりました。私が溝上さんに初めてお会いしたのは、立石の「宇ち多゛」の前の行列です。2度目にお会いしたのは新宿ゴールデン街だったと思います。そんな溝上さんなので、ホテルで出版記念パーティとかやっても似あわないよねとなって決まったのが、なんと赤羽「まるます家」2階、土曜日のお昼に貸切出版記念吞み会という大企画です。労務ジャーナリストの世界は、酒好き、酒場好きが多いようで、この企画が大変な反響を呼び、2階の床が抜けないぎりぎりの人数35名が集い、先週の土曜日に、にぎにぎしく出版記念吞み会を開催することができました。

お昼の2時半に終了しましたが、35名の酔客が赤羽の街に放たれ、そこかしこの吞み屋で2次会、3次会、4次回が夜まで繰り広げられました。なんか、この濃さは本当に素敵です。
こういう濃って、なんとなく「HR」とかじゃなくて、「労務」って感じです。

DSC_3723.jpg
※もはや赤羽のランドマーク、まるます家。貫禄のある外観です。相変わらず、午前中から並び客です。

DSC_3720.jpg
※寒気かしたので、暖まりにちょっと丸健水産に立ち寄ってから行きました。NHK72時間に出たからでしょうか、10時30分でも大行列でした。
関連記事
スポンサーサイト
【2015/04/21 23:56】 | HRM全般 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<世界に誇る「神田西口商店街研修」 | ホーム | 「楽器で笑顔基金 「No!風化」ライブ、そして新入社員研修へ>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://jqut.blog98.fc2.com/tb.php/2067-57ac449e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |