『「科学的」に読み解く、新卒採用活動の課題と対策』のご案内
例年ですと、大手志望の就活生のうち、首尾よく内定を採りつけた学生がキャンパスに戻る時期です。

4年次のゼミや研究室、卒論に集中する時間を確保したり、はたまた仲間たちと遊んだり、バイトに精を出したり、世界に飛び出したりと、就職先決定後の4年生はギャップ・イヤーのごとく(?)、やりたいことに集中できる時間を勝ち取れていました。もちろん、就活を終えられていない仲間に気を使いながら、また自らの進路についても改めて悩み、再度就職活動を進める人も少なくはなかったですが。

今年は様相が変わり、就職活動が4年生の夏まで続きます。昨夏からインターンシップという名のもとで疑似就職活動を続けている人であれば、1年間の長きにわたる就職活動になっています。今年の就活スケジュール変更に伴い、否応なく就職活動は長期化の様相を呈しています。大学の授業などにはどんな影響が出ているのでしょうか。

これは、できもしないものを半端にマネジメントをしようとした結果です。採用活動も個々の企業活動なのですから、法令順守、公共の福利の意識といった企業市民として必要最小限の襟の正し方さえ意識させればいいのに、時期論で強制するので、あまたに欺瞞が溢れ、変なことになってしまっています。

てな、話をながながとしようと思っていたのではなく、今日はシンプルに告知でした。日本の人事部が主催するHRカンファレンスに、今回も新卒採用ネタでボランティア的にご協力します。

今回のタイトルは、『「科学的」に読み解く、新卒採用活動の課題と対策』です。

当日の冒頭プレゼンのパワポを早くも創り始めていたのですが、内容的には「科学的に採用を考えなければならなくなった背景の理解」であるとか、「新卒エントリーマネジメントにおける採用の位置づけ」、「新たな採用担当者に求められること」とかいう話に、今日のところはなっています。今まで言ってきたことを異なる切り口からとらえてみようとしています。

世の中では、多くのコンテンツが無料化し、ビジネスは広告モデル化しつつあります。これが加速し過ぎる風潮には個人的に少々危惧をしています。HR関連のカンファレンスも同様で、このHRカンファレンスもほとんどの講座が参加費無料です。そんな中、なぜかこのセッションは3000円もの参加費用をとるという強気のセッションです。ランチセッションという位置付けで、ランチが提供されるのですが、MALLの私のラボでしたら、あと1000~2000円は高くなりますが、4000円か5000円でたいてい実質上の呑み放題もつきます。ですから、けして安い講座ではありません。

それでも集まりたいという方だけが集まり、単に知識とノウハウを取得するだけではなく、知的刺激を受け、仲間との交流を行い、つながりの中で新たな何かに踏み出せるような場にできればと思います。

よろしければ、是非、お申し込みください。当日、語り合いましょう。

DSC_0154.jpg





関連記事
スポンサーサイト
【2015/04/29 21:41】 | キャリア~学生・就職・採用 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<すぐやる 必ずやる できるまでやる | ホーム | 世界に誇る「神田西口商店街研修」>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://jqut.blog98.fc2.com/tb.php/2069-2cffbc97
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |