世の中に「花の金曜日」というのがある理由がわかった
とある大学で4日間のキャリアゼミを会社として担当しました。
大学1年生から3年生までの参加者が、
暑い暑い胃4日間、実際の営業活動も含め、リアルに仕事を疑似体験しつつ
仲間と深いディスカッションをして過ごしてくれました。

最終日の最後に、全員が一言、感想や得られたことを語ってくれるのですが、
その中で一番、印象に残ったのが次のものです。
もちろん、逐語記録をとっていたのではないので、言葉の細かいところは違いますが、
ニュアンスとしては、こんなところです。

**********************************************************
4日間、働くということをやってみて、
世の中に「花の金曜日」というのがある理由がわかった
働くって大変だった、気力も体力も大変だということがほんとに理解できた
いい仕事をするためには、時間もたくさん投入しなければならない
だからこそ、自分が興味のもてることを仕事にしようと思った
**********************************************************

素朴で素敵なコメントです
そう、働くのは、ある意味、大変です
だからこそ、仕事のあとのビールが美味しい
大学生の頃はビールってあまり好きじゃなかったけど、
就職してから仕事帰りのビールが美味しいってことを知ったといっていた
若手もいました

打ち上げという言葉が一番好き、といっている人も玄田先生をはじめとして何人もいます

そして、社会人の先輩たちは、何年も何年もそうやって働いています
たぶん、それは、働くのは大変だけど、大変に以外に何か素敵なことがあるから
続けられるんでしょう

大丈夫、慣れてくれば、月曜日だって、終電まで呑めるようになるから

DSC_4079.jpg
※そして、昼でも、ひとりでも、立ってでも、呑めるようになります…。門前仲町、折原商店
関連記事
スポンサーサイト
【2015/08/09 11:11】 | キャリア~学生・就職・採用 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<やっぱり就職活動の時期は見直しましょうよ | ホーム | マネジメントに関するメモ>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://jqut.blog98.fc2.com/tb.php/2107-8a9de626
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |