モチベーションの原理原則
モチベーションの原理原則

①.モチベーションは、何もしないと自然に下がる
②.モチベーションは、他人に自分の価値観を認められると上がり、否定されると下がる
③.モチベーションは、やりたいこと(動機=モチーフ)に近づくと上がり、遠ざかると下がる
④.モチベーションは、自分で決めて行動できる(権限移譲)と上がり、人から決められて行動を強要されると下がる
⑤.モチベーションは、幸せに近づく(=希望の持てる未来がある)と上がり、幸せから遠ざかる(=希望のもてない未来を感じる)と下がる。未来に希望があれば、今が苦しくても頑張れる。

なるほど、そのとおりです。

DSC_4130.jpg
※あっ、逃げて行く!


関連記事
スポンサーサイト
【2015/08/25 23:48】 | マネジメント・リーダーシップ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<不本意就職と内定時期のデザイン | ホーム | 「カネス酒場」@一之江>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://jqut.blog98.fc2.com/tb.php/2110-dc9ccfe7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |