不本意就職と内定時期のデザイン
キャリアデザイン学会に来ています。

最初のコマで、「不本意入学」(希望していなかった大学だけど、他に行けなかったので入学した)する学生の比率が高く、それらのうちの一定の数が大学に来なくなり、結果、中退してしまうという状況を打開するために、キャリア施策に取り組んでいるという話がありました。「不本意入学」というのは、すべての大学生のうち、おそらく相当の比率で存在するのでしょう。「不本意入学」を気持ちの中でずっと引きずっていると、4年間を無為に過ごしかねないでしょう。大きな問題です。

そして、「不本意就職」というのもあります。第一志望の企業に入れずに、内定をもらえたからということだけで、本当は希望の職種や業界でないけど、今の会社に就職をしたというパターンです。この「不本意就職」も気持ちの中で引きずっていると、大きな壁にぶちあたったときに、それを乗り越えようとする原動力を失い、早期退職につながります。

昨年までの就職活動だと、4月に就職活動をした大手に落ちて、それから就職活動を巻き返して中堅企業に入るというパターンがありました。これが今年は逆になっています。特に強くは希望しなかった中堅企業で内定をとってから、その内定を確保しながら、大手にチャレンジするというパターンです。昨年までの場合だと、一度、気持ちを切り替えて中堅企業への就職活動にチャレンジしているのに対して、今年は希望がかなわなかったという後味が残りやすいスケジュールになっているように感じて危惧しています。つまり、中堅企業においては、「不本意就職」を引きずる人の率が高まるんじゃないかという危惧です。

ここで本当に大切なのが、「内定時期のデザイン」です。

「不本意就職」を引きずらずに、きちんと「自分で決めた感」をもって入社するためにも、内定時期を企業としてどのようにデザインして何を提供するか、そしてそこからどのようにして新入社員研修につなげるか、この全体デザインがより大切になるように感じます。

ここにもう一つの危惧があるのですが、中堅企業には十分な人員がいません。また、今年の売手市場色の強い長期化した採用活動の中で、まだ採用活動自体をクロージングできていない企業も少なくないでしょう。その結果、満足に内定時期のデザインに取り組めない可能性があります。こういった状況が、来年度に早期退職というかたちで悪い営業が出ないといいなと危惧しています。杞憂だといいですけどね。

1441434735031 (1)
※ホテルから豊平川を渡って、学会会場の北海学園大学まで歩いてたどり着きました。札幌のこの空の感覚、懐かしい。







関連記事
スポンサーサイト
【2015/09/05 23:56】 | キャリア~学生・就職・採用 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<キャリアデザインライブ 「パラリンピックメダリストと共に歩んで」 | ホーム | モチベーションの原理原則>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://jqut.blog98.fc2.com/tb.php/2111-8aaa840f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |