またまた勃発している就活時期論について
いよいよ、とある経済団体が、次年度の新卒採用の選考開始時期を6月にしようと言い始めたそうですね。くしくも、札幌では例年よりも3日早い、初雪が観測されたそうです。関係ない話ですね。

8月という設定が間違っていたので、より適切な設定に是正するというのが、趣旨でしょうが、わずかに変更1年で是正するのですから、よっぽど間違っていたという認識はあるんでしょう。

でも、多くの加盟企業がすでに来年の会社説明会の会場などを抑えていることはさすがに知っていると思うので、採用広報の開始時期は3月から前倒しできないんじゃないかと思います。となると、それなりの短期決戦ですね。今年は例年以上に採用選考開始日というのが、事実上の内定出しの日で、実質的な選考はそれまでに水面下でやっておくという大手企業が多くなっているのではないかと思います。体力と知名度のある大手企業にとってはこれは倫理的な話をはずせば有利な手法ですから、次年度もいわゆる上位校といわれる大学の学生に対しては少なくとも踏襲されそうな気がします。

でも、今年、私たちが学んだことはこんなことではありません。

それは、新卒採用の問題点を「時期論」で解決しようという旧態依然の取り組みが、いかに「むなしく」いかに「やるせない」かということです。

今年度の活動を踏まえて、ころころと変わる経済団体の決定を意識せずに、自分たちの意志で採用活動を行う企業も増えるでしょう。今年度の採用活動でお人よしを貫いたために必要数を確保できなかった企業群などもそうでしょうが、そもそも時期であれこれいわれることの無意味さをあらためて理解した良識のある企業群も多くあらわれてくると思います。

失敗は成功の母といいますが、今年度の失敗は、時期論を超えたあらたな採用活動・就職活動のイノベーションを生み出す、よい契機になると思います。

果たしてどのような総括で時期の変更を公式にリリースするかはとても愉しみですが、1つだけ置き去りにされそうな事項があります。今回の時期論の変更の理由の1つに、「就職活動の早期化・長期化による学業への悪影響」がありました。でも、そもそも就職活動の時期が変わると、自然の学生が学業にいそしむようになるのでしょうか。また、仮に授業への出席率が高まったからといって、それで学生が学業に精を出したといっていいのでしょうか。

学ぶことは生きることです。そして、学び続ける力を持つことは、人生の最大のセーフティネットになります。教室での学びと社会での学びはその本質の部分で大きく異なります。大学とは、本来そういった異なる質の学びの「移行」を成し遂げる場でもあるんじゃないかと思います。そういったことが、就職活動の時期を変えるだけで変えられるとはとても思えません。例えが適切ではないかとは思いますが、地上戦を避けて空爆だけで、勝利を勝ち取ろうとしている図式と何か似ています。

DSC_0903.jpg





関連記事
スポンサーサイト
【2015/10/25 15:34】 | キャリア~全般 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<11月15日のお好み焼き検定が近づいています | ホーム | どこでも、いつでも、誰でもが学べ 、やり直しのできる社会の実現>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://jqut.blog98.fc2.com/tb.php/2139-dafe09ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |